無計画に生きてきた人の成れの果て

先ほどたまたま読んだ他人のブログの内容がとても重かった。
幼き頃に親が離婚し、音信普通になった父親を探し再会して嬉しかったものの、父親は現在80歳近いのにまだ働いている。それは無年金、無保険、貯金なし状態だったと判り、ショックを受けたそうですよ。 
 
父親は今でも工事現場で軽作業のバイトはしてるけれど、不定期で歳も歳なので、いつまで働けるのかわからず。主さんは父親の事でこの先とても不安を抱えている。又きちんと年金を支払って来なかった父親に腹が立つものの、ご主人には内緒でパート代の殆んどをを父親へ送金して援助してるために、家で愚痴の一つもこぼせないという。
 

こういう老人は、無計画で自分が歳をとった時の事など考えずに生きてきた人のでしょうね。自業自得だと思います。
自分を引き合いにだしてみると、ああ、自分はもう若くないんだと感じ始めた40歳の頃、初めてまともに老後の事を想像してみました。だからだいたい40過ぎると誰でも少しは老後を考えると思う。
 
65歳まで会社が雇用してくれてる保障も(女性でそんな高齢で働いてる社員の前例なしでした)、体力的にも、現実でも、有り得ないと気づき、このままじゃマズイとはっとしたのを覚えてます。 
それでもその時はアーリーリタイアのは考えなど全く無かったけど、とにかく「貯金をせねば…」と強く思ったもんです。

ワタシの親はありがたい事に無年金ではないけど、自分の親が無年金だったら、そりゃあ軽蔑するだろうな。
親の事は尊敬していませんが、軽蔑まではしていません。まだウチの親は救いがある方だったか。。。

 
スポンサーリンク

フォローする

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

コメント

  1. ヨレ蔵 より:
    「無計画で生きてきた・・・」って、私のことかと思わせるタイトルでドキっとしました。 年金は払っているけど、今のままだと老後はどうなることやら。その前に日々の生活に行き詰っているので、それを打開しないといけない思いながら、どうしようもなく、ダラダラと生きている毎日です。
  2. ユウ より:
    ヨレ蔵さんのブログ訪問させて貰ってます~ 面白いです(*^^) 岡田奈々ちゃんって懐かしいです、当時可愛かったですよね ちなみに私のアイドルは西城秀樹でしたww