新宿歌舞伎町のキョーレツな思い出

東京新宿はダークな街ではあるけれど、何かとご縁があったせいで迷わず
サッサと歩ける位詳しくなり、ワタシには過ごし易い街でした。
 
学生の頃の飲み会も新宿が多かった。
今から30年程前の歌舞伎町はそれなりに怪しい町だったけど、
今ほど危険度は高くなかったような気がする。

コマ劇場の近くの居酒屋で飲み会があった日の事。
一時会が終わりお店から出たら、ケバイ化粧の女性が道の角に立っていた。
ロングへアで背が高いその女性は、よくよく見たら女装のオカマさんだったのである。

まだ小娘だったワタシは初めてみる女装のオカマにビックリしたけど、
なんとその後もっと凄いことが起こってしまった。


その女装のオカマが急に近くを歩いてたサラリーマンに向かって
「邪魔するんじゃねぇコノヤロー」と怒鳴り、タイトスカートをたくし上げ
ハイヒールでケリを入れたのだ。

サラリーマンは思いっきり蹴られて、ほうほうの体で逃げていった。

その場面を一部始終目撃した友人らのとの話をまとめると
女装のオカマは「立ちんぼ」してて(街娼だったのだ・・・)、それを通りすがりの
さっきのサラリーマンが、からかったので激怒したという顛末だったのだ。

女装してても元々男なので腕力はあるから、オカマさんをからかっちゃいけま
せんね。でもまぁ思い出すと笑ってしまう出来事でした。

今でも歌舞伎町に女装した街娼はいるのかは不明。
まさか今は立ってはいないだろうな。

さすがに夜一人の時は繁華街を歩いちゃいけないけど、あのコマ劇場を通り
過ぎて奥にいけば住宅街もあるんですけどね。。。

IMGP0867

  

今は世慣れしたので女装くらいじゃオドロキマセンヨ!