あのコの生まれ変りなら 絶対にワタシには判る

ワタシは病気知らずで、今までに大きな病になった事が無いし、体にメスを入れたり入院した事がありません。
盲腸すらやってないのでこのままどうか死ぬまで逃げ切りたいです。

若い頃はこの健康な体質をありがたいとも思わずにいましたが、健康でいる事が一番の節約になるし、病気というのは何もするにも制約が出来、気分を落ち込ませる原因だよなぁーとこのトシになってわかってきました。
健康保険を無駄に使わないのは国に貢献できてますしね。


さて、ウチの3匹の猫は、おかげで健康な子たちなのですが、実はワタシ3年前に、シャムの雑種のコを亡くしています。
地域の里親会から引き取った元捨て猫の推定3才のコでした。
成猫になってから捨てられ、真っ黒になってウロウロしていたところ保護した方にしつこく付きまとって、ずっと着いて来たそうです。


それにしても飼っていた猫を捨てる事が出来るなんて到底信じられませんし、許せない行為です。飼い猫なら餌の獲り方も知らないし、キャットフードに慣れたらもう他の物は食べられないようになってます。
どれだけ心細い気持ちで外を彷徨い、悲しかったかと思うと涙が出ます。猫だって人間だってそういう気持ちは同じなんです。

ツライ経験をしたコなのでこれからウチでいっぱい可愛がってあげようと思い引き取りました。

しかし、それから7ヶ月後にそのコは虹の橋に行ってしまったのです。口腔内のガンだったのですが、引き取った頃からすでに発症していてアッという間でした。
あまりに短い期間だったので飼い主として何もしてあげられなかったのでそれがツラかったです。

IMG_1119 (650x433)

    綺麗なブルーアイズのコでした。
    ブルーの目の子は体が弱いとその後、ききましたけどね・・・


6月4日はあのコの命日でした。お線香を焚き、あのコの事を思い出しました。

「今年のお盆も我が家に戻って来てね。そんで又猫として産まれ変わったら絶対
ウチに来るんだよ、待ってるからね。今度はずっとずっと一緒に暮らそうね」 

ワタシは毎年そう願っているのです。それにもし本当にあのコの生まれ変りなら
絶対ワタシには判ると思います。
ナンデダロ?でも自信あるんですよね。。。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
Googleさんのお勧めコンテンツはこちら!
スポンサーリンク
スポンサーリンク