心が病んでいるのかも?怖ろしい男の話③

今回で最終章です

先日聴いたラジオの悩み相談。精神科医のその回答を聴いて「はっ」としたワタシ。その内容というのは、

相談者は46歳の男性。一年前から無気力感を感じていて、自殺を考えたり、でも自殺する勇気もなし。妻には相談できず一体どうしてこう何もかも虚しくなってしまうのか?という内容でした。それについて精神分析医の返答は・・・

「自己実現」してこなかった人は40代くらいになってこういう状況になる方が多いとのこと。(子供の頃、自分の本来やりたい事より親の意向に流されてしまったりとか、自分の能力を最大限発揮して何かを成し遂げることをしてこなかった人など・・・)


そして、この相談者の本来の状況というのは実は、誰でもいいから愛を他者に求めている、ボクをかまって欲しい、という子供のような状態なのだそうです。

IMGP1384


そう、くだんの男性も親を幼くして亡くしているので当てはまりますよね。結婚して長らく経つと奥さんも優しく無くなるし、他の女性に優しくしてもらいたい、甘えたいという欲求だったのか? どちらにしてもこれって病気、心が病んでいます。


これを彼女に話したらまさしくその通りだと激しく同意してました。ちょっと優しくすると表情が見違えるように明るくなり、そっけなくすると身も世もないくらいがっかりとする様子は、ちょっと普通じゃなくて精神を病んでいるに違いないと言ってました。


彼女にとっては全く迷惑で面白くも無い出来事だったろうけど、ワタシはこの男性の話はとても興味深く聞いてしまいました。でもこういうのって有る意味セクハラですよね?
もし彼女が居ずらくなって辞める事になったりしたら余りに理不尽なので、そうならない様祈ってます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
Googleさんのお勧めコンテンツはこちら!
スポンサーリンク
スポンサーリンク