老眼になったのでdマガジンで雑誌読んでます

先日は、体力が無くなったヨ~と嘆いたワタシ。でも実はそれよりもっと酷い事になってるのが視力です。ハッキリ言って老眼なのね。。。 

子供の頃から視力はずっと1.5だったし、今でも通常の視力検査では1.5で裸眼は相変わらず良いけれど、本や箱の裏の説明書きとかPCの文字はぼやけて老眼鏡なしでは見えないのです(´;д;`)ウルウル

思い返せば40半ば頃から老眼が酷くなったのだけど、一番の原因はパソコンのブルーライトだ。目の奥が痛く赤目、疲れ目になって、これはマズいと思った時には既に遅かった。今はPC用の老眼鏡、普通の老眼鏡といくつか持っいて、それを家のあちこちに置いてありますよ。

子供の頃は漫画を良く読んだし、大人になってからも読書はしてたけど、老眼になってからはパタリと読書量が減ってしまいました。雑誌や文庫本の文字は小さくて老眼鏡かけてもやっぱり見づらいのね。

情けないけど、更に拡大鏡でもかけないとサラサラと前のようには読めません。それで頭にスポッとかぶる拡大鏡も買いましたが、さすがに見た目も悪いし、うっとおしい。


それでついに読書は電子書籍にすることにしました。
「え~?今さら?」と思う向きもありましょうが、読書は紙媒体じゃないと…という固定概念はなかなか変えられなかったのです。

それで今回、雑誌を読むため「dマガジン」と契約しました。dマガジンはパソコンからでも読めるのでいいですね。文春、新潮などの週刊誌、あとは料理やライフスタイル雑誌、メジャーな雑誌はほとんど読めます。ただ、宝島社の雑誌は加盟してないですね。
どうせ週刊誌を買えば400円はするし、読み捨てするものなのでdマガジンの会費の元はとれます。


しかしまだ普通の「本」は紙媒体かな?文字が拡大出来ないけど、日中の明るい部屋でなら何とか読めます。夜の蛍光灯の下ではやっぱり読むのは辛いし、陽の光が一番読みやすいのですよ。
しかし、色々制約が出来てしまう中高年の読書ってなんか痛々しいワ。。。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
Googleさんのお勧めコンテンツはこちら!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 有益な情報ありがとうございます。たいへん参考になりました。 人気ランキングのバナー「応援クリック」させていただきました。 また共感できる内容も多々あり、わたしのブログ運営にも役立ちそうです。 これからも拝見させていただきます。
  2. ユウ より:
    拙いブログですがコメントいただき励みになります。宜しくお願い致します。
  3. ユウさんこんにちは。私も45歳位から老眼になり、一度レーシックの手術をしてから治ったんですが、最近また元に戻りつつあります。dマガジン、私も契約していますよー 私はiPad で読んでいるんですが、ちょうどA4サイズなので非常に読みやすいです。あれだけの雑誌が400円で読めるなんて超お得ですよね( ^ω^ )
  4. ユウ より:
    プリウス51系さんこんにちは。やはり同世代の悩みは同じだなぁ~と嬉しくもあり、悲しくもありで笑ってしまいますw 気は若くても肉体は確実に老いてきている事実を目の当たりにした老眼問題ですヨ。でもレーシック手術は怖くて出来ません。勇気ありますね、目にメスを入れるなんてビビルワ((((;゚Д゚)))) ダメ~。dマガジンはやっぱり契約して正解でしたね。ついついオヤジ週刊誌ばかり読んでしまいますが。。。
  5. 度々すみません(^^; レーシック手術、今はメスとか使わずレーザー光線で一瞬です(笑)目を見開きそのまま固定され手術室に誘導され目薬で瞳孔を開いて一瞬バチッと花火のようなものが見えますが、直ぐに終わります。全く痛くもかゆくも無く、その日のうちに視力が回復します。 翌日の朝目が覚めた時の感動は今でも覚えてますヨ♪まるで世界が変わって見えるのです。私は元々ド近眼だったのでやりましたが、老眼位なら眼鏡で充分ですね(^◇^)
  6. ユウ より:
    えー、レーシック手術ってそんな簡単な感じ?∑(゚Д゚; ) 知りませんでした。。。盲腸の手術さえしてないので死ぬまで手術なんてしたくないわーと思っています(。・ε・。)