恵まれた主婦に見えて、実は子供が引きこもりだった

知り合いで結構な玉の輿婚をした人がいます。
デパートの社員だった彼女は出入りの取引先の営業マンと結婚したのですが、その彼が実はソコソコの中小企業の御曹司だったのですね。すぐ後を継がずに他所の会社で働いていた所で彼女と知り合い結婚したわけです。

勤めてた会社は安月給だったけど、結婚して子供が出来た頃には夫は親の会社に入っていたから早々にマイホームも人気の「たまプラーザ」の近くに買って貰えて、当初から裕福な恵まれた暮らしだったのです。

運がイイ人というのは先ず、金運が良いのですが、ワタシもこの彼女には「あ、なんか強運な人だなぁ」と感じましたね。子供は2人いて、傍目には何の悩みも無さそうなんだけど、実は長男が引きこもりだったのです。

中学の頃に登校拒否になり、何とか卒業だけは出来たそう。もちろん高校に進学せず引きこもったまま。「息子さん、中卒でどうすんだろ?」と周りの人はヒソヒソ噂話してました。



子供の問題行動って親や家庭に絶対原因があるのだと、テレフォン人生相談で加藤諦三先生が何度もそう言ってます。親の方が実は心の問題を抱えており、それが解決しないままの子育てをしていった結果が、このように子供が登校拒否するなどよくあることだそう。

ご主人は普通の人で、ワタシの目からみても夫婦仲が悪そうにも見えない。傍から見て何か問題あるとかわかるわけ無いかな。

そしてフト考える。もしワタシに子供が居て、このように引きこもりになったとしたら…恐怖です、投げ出したくなる。とても責任持てません。
申し訳ないけど、良いコなら欲しいけど、問題のある子なら欲しくないと思う、身勝手なワタシですから親にならなくて正解かもしれません。