内縁関係じゃ限界があるので老後を見据えての老後婚

3月に書いた記事の「この先の人生長いので老後婚もいいかな」はワタシのブログの人気記事ランキングで上位です。
これに書いた通り、老後に向けて手を取り合って一緒に暮らしていける相手、笑いを共有できる気の合うパートナーが見つかれば、結婚しても良いのではないかしら?と思いました。

わざわざ入籍などとハードルを上げなくても、事実婚とか内縁関係で良いじゃないの?と思ってましたが、しかし、老後を見据えてとなると、突然病気で入院、保証人、住民票、年金、さまざまな手続きが正式な家族じゃないと出来ないのです。内縁関係じゃ限界があり、出来ても相当手間がかかったりする。じゃ結婚する方が簡単だよね、と思った次第です。

その後ネットニュースで熟年婚が増えているという話題もあり、「あらま、ワタシって先見の明があったんじゃないのぉ?」とちょっと得意な気分でありました。
そしてここへ来て阿川佐和子さんの老後婚ニュース。文春の手記を読みましたが、やはり結婚の動機の中にはワタシが思うのと同じような事が。
やはり皆、同じことを考えるもんですね。。。


ワタシの友人には霞が関の公務員だった叔母さんがいました。その叔母さんが50歳ぐらいの頃、地方の公務員の方と知り合い、その後妻さんとなりました。お相手には既に嫁いでいる娘が2人いたそうです。

さてそれから10数年後、ある日夫が、娘達と養子縁組してくれと叔母さんに頼んできたそうです。自分が死んだ後、妻である叔母さんに分割された自分の遺産を、娘達に渡して欲しいという思いがあっての事だったそう。

しかし叔母さんは姉娘の方とは全く気が合わず、険悪な関係でした。しかも自分自身もそれなりの預貯金等の資産があったので、それも含め自分の死後、継子達の手に渡るなんて絶対嫌と拒否。結局、養子縁組しないままご主人は亡くなったそうですよ。
まぁ、ワタシがこの叔母さんの立場でも、やっぱり憎たらしい継子なんかにビタ一文あげたくないですよねw

老後婚と云えど、子供が居る場合は養子縁組などの問題があり、これはよく考えておかないといけませんね。

コメント

  1. さくらこ より:
    良いこと教えていただきました。と言っても私は独り者で財産もないから関係ないかな。 還暦を過ぎたら結婚でも考えようかと一人で暮らしていましたけど還暦もとっくに過ぎても相方はみつかりません。このままここで朽ち果てると思うとちょっと怖いです。 せめて同居の猫達を見送って静かに去りたいというのがささやかな願いです。
  2. ユウ より:
    さくらこさんこんにちは、コメントありがとうございます。少しは参考になったみたいで幸いです。老後婚ってホントお相手次第だと思うので、イマイチの人ならダメで、おひとり様で気楽に暮らすのもヨシ、と思ってます~
  3. ユウさんこんにちは。老後婚、大いに賛成なんですが、男女共に50過ぎると自我が強すぎてなかなかピタリと波長の合うお相手は見つからないんじゃないかなーなんて思っちゃいます。お互いを想いあい、尊重しあう姿勢が大事だと思うのですが、夫婦となるとそこに嫉妬とか依存とか色々な感情が芽生えてややこしくなるんですよ。 私は2度も失敗しているのでどうしても結婚のデメリットの方ばかり気にしてしまうんですよねー。
  4. ユウ より:
    ちょっとプリウス51系さん、男と女、時々ムカついて首絞めてヤル~、なんて時はありますよ(笑) 夫婦だって相手に期待したり、承認要求が出てきますからね、それが叶わなかった時に色々衝突すると思うのです。ワタシは楽天的性格かもしれませんが、ムカついて腹立たしくても、それが何故か許せてしまう人と、もう絶対に許せない人がいると思います。それが人との相性ってものかなぁ~と思うのですが?どうなのでしょう?(^_^メ)
  5. そうですね、人間と人間の相性はもう理屈ではないと常々思います。男女問わず、どんなに相手が良い人でも合わない人は合わないし、ちょっとくらいダメ人間でもなんか気を許してしまう人もいる。夫婦としてはダメな部分を補いあえるような関係が理想かなぁなんて(笑)
  6. ユウ より:
    プリウス51系さんはお金持ちだから離婚の際に余計お金取られたりして、それを2回も経験すると懲りて疑心暗鬼になるかもしれませんね。このトシになるとあまりガチガチに「夫、妻」と考えずに同居人とか相方とか、そういう関係の夫婦がいいですね。仰る通り自分と違う部分が勝ってる人は尊敬できるので、末永く続くかなと思いますヨ。段々と老後婚の相手のイメージが煮詰まってきましたね~w