あの罵声はちょっと尋常じゃない、病んでますよ

テレビのニュースで自民党の豊田真由子議員の、あの罵声を聴いて、さすがに腰を抜かしそうになりましたヨ。しかしあんな歌詞作って唄ってるのを世間に知られ赤っ恥かいて、この先どうするんでしょうか?

誰しも仕事のストレス溜まったり、イライラする事あるでしょうけど、アレはちょっと尋常じゃないなーと思いました。病んでるとしか思えないけど…
家庭ではどんな奥さんで、ご主人はどんな方なんでしょう? 当然気になりますね。

でも失礼ながらワタシ、この方のお名前知りませんでした。自民党の女性議員としてまだまだ知名度も低いけれど、経歴は東大卒のエリート官僚でダントツに凄いですよね。そのうちに大臣になってたかも。あれだけ完璧な人生だとそれが故に、出世の野心が高まって過度なストレスになったのかしら?

さて私が昔アルバイトしてたコールセンターの会社の事ですが、この会社、バイトの有給休暇申請に関してこの時期はダメだ、等々、色々干渉して自由に取得させなかったのです。全く理不尽な事でしたが、皆が当然に不満を持っていて、辞めて行く人も大勢いました。
でも辞めてしまえばもう自分には関係ないし、普通の人は、辞めた会社に不満があっても、わざわざ時間と手間をかけて何か行動するというのはハードルが高い、何より今後の事の方が大事で忙しいものです。

しかし、その後辞めて行ったバイトの中で誰かが労基署に会社のブラック情報を訴えたのです。そしてすぐ会社に労基署から指導が入りましたヨ。

以後、有給取得は自由になり改善されたのですが、今ほど労働環境にうるさくない昔の話ですから会社も上から目線でタカをくくっていたのでしょうね。


窮鼠猫を嚙むというけど、失うものが無い、何も持ってない人は最強です。何事もやり過ぎるとしっぺ返しがあるもんですよね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
Googleさんのお勧めコンテンツはこちら!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. ぽこ より:
    今日テレビで豊田真由子議員の秘書をしかる声を聞きましたけど、私は大笑いしました。 私事ですが前にセラピストなどという仕事についた時、店長からネチネチネチネチ叱られるのがとっても苦痛だったんですが、あそこまではっちゃけた叱られ方されたら私なら逆に受け入れそうです。 だって相手がキ〇ガイで、自分に非はないって分かりますもん。 ところで田中真紀子元議員もあんな感じだそうです。 家でお手伝いがミスをすると、裸にさせて庭で何時間も立たせるとか。 重ねてマイエピソードすいませんが、学生時代、後輩に田中君というのが同じサークルにいたんです。 性格もいいしイケメンでした。 ある日テレビを見たら、田中真紀子議員の息子さんは政治家を目指さない、公認会計士になったといって本人の顔が出てました。 あれ田中君じゃないか!?  学生時代1回も自分の出自を語らなかった彼はすげーと思いました。 謙虚でミスをする私をかばってくれたし、全ての面で男前でした。 親がアレだと子供は結構できる場合もあるようです。 こういう人と絶対ユウさんは合うと思います。 一方の私は、、はぁ~という感じです。  携帯落としたのでメアド変えておました。 御拝読有難うございます。
  2. ユウ より:
    ぽこさんってセラピスト経験が?!うわースゴイですね。ぽこさん、自分を卑下してますが立派じゃないですか? あと落とした携帯見つかるといいですね。そして田中真紀子サンの息子さんて反面教師で、出来た人間なのですねぇ、興味深いエピソード教えて下さってありがとうございます。
  3. さくらこ より:
    いやあ、、、あの怒声は凄かったですね。怒鳴るだけならまだしも手まであげちゃって酷いです。英語ではハゲという人を貶める言葉はありませんけど日本語では悪い言葉なんでしょうね。それに娘さんのことまで出してきたときには許せないと思いました。 日本の法律では罰金がすずめの涙状態ですがこれがアメリカで起きた事件なら何億って賠償金を払わされると思いますよ。よっぽどストレスを抱えていたのでしょうけどあれで 国を代表する国会議員なんて国の恥です。
  4. ユウ より:
    さくらこさんこんにちは。あらら、遠いアメリカでも驚いた事でしょうね。。。でも中高年の男性はそう驚かない方もいて、何故と?きいたら、自分の奥さまでヒステリーの免疫があり、「あんなの普通だよ」と言ってる方もいるそうですよ、男性は忍耐力があるんですね。。。 日本では「ハゲ、チビ、デブ」は悪口の常套句ですw 陰でこっそりいったりしますよね。 しかし、こうやってとんでもない人が国会議員になる事もあるので、本当に(´・ω・`)ガックリしますワ。