相続税対策で息子名義にした途端、邪険にされて…

先日電話でお喋りした時、珍しくU子さんからお嫁さんの悪口がポロりと出ました。U子さんは年上のお友達で、45歳のひとり息子さん夫婦と二世帯住宅で暮らしています。

「あれー?滅多にお嫁さんの悪口なんか言わないのにな…」と、ちょっと驚き。今のお嫁さんは2度目の方で息子さんは6年前位に再婚しています。
U子さんはキャリアウーマンだったから、外交的で息子べったりでもないし、ワタシと話が合うくらいだから博識で面白い人です。話のわかる気さくなお姑さんだと思うのだけどなぁ。

自営業の息子さんはソコソコ稼ぎがあるので、ネイリストのお嫁さんは、たまに顧客相手に仕事をするくらいでほぼ専業主婦に近いのです。2世帯住宅は入口が別々だから会おうとしなければ全く顔を合わせない生活も出来ますが、1ヶ月以上も顔も言葉も交わさない事もあり、それがU子さんは不満らしい。

上下に住んでいて確かにそれはちょっと冷たいかなぁと思います。一応高齢者なんだから安否や健康確認のために10日に一度くらいは何かしら声かけするのが普通じゃないのかしらね?
どんな人でもお姑さんとなると、ウザく感じるものなのかなと。嫁姑関係って気を遣うけれど、U子さんの場合はたんまり財産があるから優しく接していけそうなのに…

息子さん夫婦と外食に行くとお会計は息子さんが大抵支払いしてくれるそうですが、またそれもお嫁さんには不満らしいのだ。
U子さんが言うには、「お嫁さんの家計費から支払いするわけじゃ無いのに、倹約体質だから、夫がいつも支払ってばかりなのが気になるみたいなの」
「どうせ会社の経費扱いにするのにそんなに気にしなくてもねぇ」

最近息子さん夫婦と出掛けてお会計時近くなると、お嫁さんの顔をチラ見しながら「今日は息子より先に伝票を掴まなくっちゃ」と神経戦になるそうですw

きっとお嫁さんは夫が支払えば、結局は自分のお金が減るという感覚なので気になるのかもしれませんね。人間の出来たU子さんもちょっと溜まってしまって愚痴りたくなったみたい。

U子さんとアレコレ話した結果は、

「相続税が高くなろうが決して生前贈与はしないのが最善」という事になりましたw 相続税対策で息子名義にした途端、邪険にされて老人ホームへ追いやられたりなんて…世間では良く聞く話です。
実の息子でも妻に言い含められたら影響はされてしまうものだし、お嫁さんは所詮は他人なので100%信用出来ないし、用心しなくちゃね~と話したのでした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
Googleさんのお勧めコンテンツはこちら!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. ユウさんこんにちは こういう経験がないのでアレですが、姑というのはどんなにデキた嫁でも気に入らないんでしょうね。 ハラダ製茶のやぶきたブレンドのCMみたいな嫁姑関係が理想なんでしょうがw
  2. ユウ より:
    プリウス51系さんこんにちは~ ワタシも嫁姑問題は実体験ありませんが、今は何でもかんでも舅姑のいう事に耐え忍ぶ、みたいなお嫁さんは居ないかなぁと思います。お嫁さんが強くなってきた感じがしますね。でも二世帯の素敵な家に住めて、それなりにいい生活出来るのはお姑さんであるU子さんの財力のおかげもあるのに、ソレ解ってるのかしら?と思うのですヨネ~ 嫁と姑は上手くいくわけないからなるべく顔を合わせず、別々に住むのが一番いいと思います。
  3. りお より:
    ユウさんはじめまして。 女性でセミリタイアのブログ書かれてる方は珍しくて、夢中になって過去記事も読ませていただきました! 私も会社の人間関係がつらくて、セミリタイアを夢見てます。 ユウさんみたいに自由な生活が送れるよう、私も頑張ります。 これからもブログ楽しみにしてます。
  4. ユウ より:
    りおさん初めまして、コメントありがとうございます。やっぱり長年社会で働いていると疲弊してきます、当然ですよね。セミリタイアするまでは、何とか自分をもたせる為に、嫌な事をかわしたり、時には逃げることしてもいいと思います。願いはそれを口に出したり(書いたりとか)してると叶いやすくなるかも~と思います(^ー^* )