女性にとって誕生日はサラッとやり過ごす事がほとんど

段々歳を取ると自分の誕生日など敢えて他人には言わず秘す事がほとんどです。
女性にとって誕生日を迎える事は老けていく事に他ならないので、他人には知られたくないっていうか、敢えて言いたい事でもないし、サラッとやり過ごすというか、微妙なんですよ~
しかし本来は喜ぶべき事なのだから、自分だけでそっと祝うって感じでした。

でも今回ブロ友さんから「誕生日おめでとう」な~んて言われるとやはりいくつになっても嬉しいものだなぁと実感しました。社会からほぼ離脱したセミリタイアの身だから、今更何も怖いものもなし。堂々と「実年齢で上等じゃん!」年齢を気にせず思うがまま生きていくべきですね。

最近とみに思うのですが、自分と上下3歳差位までかしら?やっぱり同世代とお話してると楽ですね。過ごした時代が同じという共通項はこのトシになると重要になのかもしれません。これは昔の思い出やその頃の自分を回帰する事が多くなったせいでしょうかね?

あのマルセル・プルーストの「失われた時を求めて」のように、当時の過去が生き生きと蘇って心地よい…という心境なのかしら?

思えば30代、40代の頃にお付き合いした人は皆、年下ばかりでしたよ。まぁ、独身者となると必然的に相手は自分より若くなったわけですが。でも特に年齢差なんて感じる事もなく楽しく付き合っていました。
きっとその頃は「今を生きる」という感じで、今の事と数年先の事だけしか考えて無かったから共感ポイントは現在と違ったのでしょうね…

そういうわけで、最近は年下の方とお話するとジェネレーションギャップを顕著に感じてガッカリします。人にもよりますが。。。
やっぱりバブルの景気の良い時代を知ってるのと知らないのとでは違うのかな~ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
Googleさんのお勧めコンテンツはこちら!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. グレイ より:
    10年頑張って国民年金187万支払っても結果19万5000円に…の下りですが、 10年弱受給すればトントンですよね? 計算弱いので確認させてください(‐人‐)
  2. ユウ より:
    グレイさん、2年前の国民年金の記事の事ですね。何か国民年金について根本的に理解されてないと思います。国民年金は40年支払った場合、満額の78万円支給されます。ですので、例えば20年支払った場合は年額39万です。一年支払うと支払額は187,080円になるけれど、貰える年金は19500円(年額で)増えるだけです。こちらのブログ記事も参考になりそうですからご覧になってみるといいかもしれませんよ。
  3. グレイ より:
    すいません、私の質問の仕方が悪かったようで… 国民年金については十分理解しております。 もう一方のブログ参考になりました。 教えていただきありがとうございました。
  4. sakurako より:
    アメリカですとソーシャルセキュリティで大体40年近く働くと収入にもよりますが 毎月2000ドルくらいいただけます。でも税金と保険を引かれるので1700ドル くらいですね。70歳まで待つと3000ドルくらいと書いてありましたけど死んではもともこもないので2000ドルで我慢していただくことにしました。
  5. ユウ より:
    なるほど、アメリカも年金と同じものがやはりあるのですね。今日本は支給額が少なくなるのは確実なので、あまり当てにできないと色々大変になりそうなんです。