65歳からの大きな出費って何があるかしら?

昨日は年金の受取見込額ですっかり意気消沈してしまったワタシ。
セミリタイアする時からおおよその金額はわかってたけど、あの時は念願のセミリタイアが出来た嬉しさで妙に鷹揚になってのかしら?冷静になればとても鷹揚になれる金額じゃありませんて。。。

それにしても、あの年金定期便っていうのは、これからは貰える年金がもの凄く減額されているから予め、「あなたの年金はこれだけなんだから、しっかり現実を受け止めて足りない分を用意しておくなり、対策を考えておきなさいよ!」という政府の暗黙のお達しなのかもなぁ。

セミリタイア生活も落ち着いてきた今、あの見込額を受け止めてパチパチそろばんをはじくと… 何とか暮らしていけるだろうけど、大きな出費にはとても対応できないですね。車の維持費と、残りで程々に生活できるくらいだと思う。

そうなると大きな出費は貯蓄から支出するという事になるので、大きな出費はなんだろうかと考える。

●車購入費 
車は今のデミオを乗りつぶしても、もう一度位は購入することになると思う。その時は軽自動車を買うかもしれないな。

●医療費と入院費
高齢になると健康なワタシでも不測の事態があるかもしれない。でも住民税非課税の低所得世帯になると入院費などは減免されるのじゃないかしら?それについては今度調べてみます。

●家の外壁塗装
年金支給されるまでに一回すると思うけど、それから以降30年以内でワタシの寿命が尽きるまでもう一度だけ必要かな?と思うので。

●葬式代
孤独死覚悟ですが、誰が後始末をしてくれるにしても手間賃と実費は用意しないとね。

こんなところだろうか?

この予算もそれぞれのライフスタイルによって金額に幅がでるのでしょうけど、ワタシが考えるレベルでざっくり見積もって500万円程度あれば充分かと思います。

あくまで現在の延長線上として試算したけど、この先何も無ければこんな感じというところ。
まぁ何とかなるでしょうか。。。

コメント

  1. sakurako より:
    私は死んだあとは献体を考えています。これなら人様のお役に立つし 切り刻んだあとは焼いて灰にしてかえしてくださるそうです。それを 猫の灰と混ぜて太平洋に撒いていただきます。
  2. ユウ より:
    sakurakoさんこんにちは。献体ですか?焼いて灰にしてくれるのは有難いけど、老いさらばえてる体でも、やっぱり裸体を見られるのは恥ずかしいなぁ(*ノωノ) 
  3. かきつばた あやめ より:
    おはようございます。いつも楽しく拝読しております。 私も常にこれから必要になるであろう出費の計算をしていますよー。 リタイヤした身としては収入はのぞめないので、出ていくお金にはとてもシビア。 私の頭痛の種は、相続が決まっている実家の取り壊しと土地の売却(売れなかったらまじでどうしよう・・・)墓じまい、細かなとこでは仏壇他の宗教関係の整理等、何もしないのんきな親と自分の2世代分の終活です。これらに幾らくらい用意しておいたらいいのか考えると怖くなります。 そんな苦労はおありでなないですか?
  4. ユウ より:
    かきつばたあやめさんこんにちは。仏壇は売れもしないので2万位で業者に引き取ってもらいましたね。古屋も片付けで死にそうになった割りには値打ちもなく、二束三文でしたが一応売れました(泣)ウチの親も何の始末もせず歳をとって無責任でいい気なものだと思います。
  5. やまこ より:
    こんにちは。 猫さんたちの老後、医療費は莫大なのでは?
  6. ユウ より:
    やまこさんこんにちわ。猫の医療費の心配は病気になった時にしようと思います。
  7. ユウさんお疲れ様です。 私も興味があるお題だったので、少し。 車の費用に関してはプロ(笑)なので、具体的にやりますと。 デミオ君を乗り潰し(14年間)2031年までで、年間24万程度の出費(ガソリン代・保険・税金・車検等含む) その後新車購入(150万とします)で恐らく80歳まではイケます。 軽自動車の年間出費は年間18万です。 ●24万×14年+150万+18万×13年=720万円です※(これでも最低レベルです) 車の費用は思っている以上に掛かりますのでお気を付けください。
  8. ユウ より:
    プリウス51系さんこんにちは。そうですね13,14年乗れば80歳まであと一台でイケますね!その頃にはそろそろ免許返納です。車は全く興味が無かったけど、運転し易いデミオに乗ってから楽なので手放せないかな~と思い始めました。