無年金の親が歳をとったら最悪生活保護かしら?

知人の友人のお話なんですが、その方、仮にCさん(男性)としておきますが、そのCさんの奥さんは離島の出身です。実家には両親とお祖母さんが住んでいて、実家の稼業は離島ならではの特産物を加工し生産しているのだそう。

奥さんのご両親は大体70歳を少し過ぎた位で、夫婦揃って無年金なんだそうです。自営業ですから国民年金になるのでしょうが、やっぱり無年金者っているのですね。。。
この世代だと加入しておけば今の世代よりはかなり高利回り商品だったのにね。

それで、まだまだ家業を続けているとはいえ、義理の両親が70歳を過ぎてくると、この婿の立場のCさんは行く末が心配になって来たそうだ。
奥さんの実家は常に商品を作って売り、作って売りして、その時その時のお金で生活していて、言い方悪いがその日暮らし。そういう状態だからこそ、年取った時の事など考えず年金にも加入しなかったのでしょうね。。。


定年はないけど、健康を害して働けなくなったら一巻の終わりなので、もしそうなったら娘である奥さん、自分たちが無関係では済まないと心配になってるらしいですよ。
心配する気持ちもわかるけど、離島でずっと暮らしているお年寄りってけっこう体が丈夫なんじゃない?と思うけどね。

灼熱の太陽の自然の厳しい土地で日焼けして暮らしてたら健康そうだ。それに肉体労働の農家の爺さん婆さんって腰が曲がってても凄く元気だし。そう考えると80歳過ぎてもまだまだ働いて稼げる気がします。

まぁ、どうにもならなくなったら生活保護しかないだろうけど、婿の立場で本人達より先んじてアレコレ心配するのもどうかな?と思いますね。

これは本人達が本気で心配して考えない限り、良かれと思った事が余計なお世話と気を悪くされて、婿のCさんが悪く思われるだけじゃないかな?と思ったのでした。

コメント

  1. sakurako より:
    こちらでは会社に働いていると無理やり取られ、その後自分で会社をやっているときも しっかり引かれました。去年から年金をいただいているのですが、税金と保険を引かれると20万円くらいになってしまうのです。カップルなら2倍の40万で生活もできるのかもしれませんけどシングルではちょっとです。だから家を売り続けていくしかないのかな。家や車のローンもまだ残っているからね。。。。。
  2. ユウ より:
    sakurakoさんこんにちは。年金20万なら凄く高いですよ、日本ではこれから支給される人たちは絶対ひと月20万なんて貰えません(´;ω;`) 支給率が年々下がってしまってるんです。。。
  3. パルタ7 より:
    こんばんは。 こうした無年金者は意外と多いのかもしれません。当事者はもとより、回りも今さらどうしようもないんですよね。そもそも年金について国民の関心が高まったのは、例の旧社会保険庁の消えた年金問題や少子高齢化の急速な進行による年金制度危機の表面化などによるものです。だから昔は関心が低かったので、無年金者の存在はやむを得ない事情があるように思います。気の毒ではありますね。
  4. ユウ より:
    パルタ7さんこんにちは。そうですね、会社員だったら強制的に加入するけど、昔の自営の家は割とこんな頓着してなかった人が多いのかな?自分の親だったら見捨てられないだろうし…
  5. よう より:
    ユウさん、こんばんは。 先日買った株がその後下り、同日に売った株がその後上がるという、あるあるに見事はまっている凡人、セミリタイヤがまだまだ遠い、ようです。 年金、姉夫婦が払っていませんが、払うお金がないというのが正直なところらしいです。 話題に上がった老夫婦も余裕がない生活をしている場合、預金もほとんどない可能性あり、娘婿さんも心配なことと思います。 今後、自立できない老人が増えると日本の若者は大変です。政府はもっとセイフティーネットを真剣に考えるべきですね。 無駄に選挙ばかりして、お金使ってる場合じゃないですよ〜。
  6. ユウ より:
    ようさんこんにちは。確かに自営でやり繰り厳しかったりすると遠い先の年金になんかお金を回せなくなるかも…。会社員だったら否応も無くだし、結果それで老後になった時に年金があって良かったなと、そこで初めて感謝するって感じですね。 自立できない老人になりたくないので、セミリタイアカテゴリーの方々はセミリタイア資金に色々シビアですものね。