「50代からの老後を楽しむ…」等の本がいっぱいあり面食らう

今日、久しぶりに書店へ行きましたら、ふと目についた棚の一角に「50歳からのお金が無くても平気な老後術」という面白そうなタイトルの本がありました。
思わず手に取ってチラ読みしてしまいましたヨ。目次を見たらお金のこと、心構え等々、あら、まるっきり自分向けの本じゃないの?興味が湧きました。

その他にもそのコーナーには老後系の、「50代からの老後を楽しむ云々…」50代を謳ったタイトルの本がいっぱい。50代が対象の、ちょっとした人生の啓発本って売れてるのでしょうかね? こんなにたくさん揃ってて面食らいましたw

そして健康についての本で「50歳からは炭水化物をやめなさい 病まない・ボケない・老いない腸健康法」などというタイトルの本にも興味をそそられ、ウーン、読んでみたいなと思いましたが、そこはグッとこらえて今日は買わずにおきました。

今回は来年の風水本を買いました、毎年一応読んでます

家の本棚にはもういっぱいで、しかも定価で買うともったいない気持ちが出て捨てるに捨てられなくなるのよ。雑誌だと結構惜しげもなく処分できるけど本はちょっとね。

しかしながら文庫本って高くなりましたね。
普通の1.5cmくらいの厚みの本でも650円くらいするのよ。昔はネットなど無いから、暇な時はもっぱら読書してたので文庫本なんかバンバン買ってたけど、この値段じゃうかつに買えないし、その結果本が売れなくなるんだろうな。

やっぱりワタシのようなタイプはブックオフに行って100円コーナーを物色してるのが一番ですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

フォローする

Googleさんのお勧めコンテンツはこちら!
スポンサーリンク
スポンサーリンク