あまりに素敵な声だったので期待したけれど…

ラジオを頻繁に聴くようになると声でその人を想像してしまいます。
顔が見えない分、声の良し悪しで美形か、そうじゃないかとか、人物像まで判断してしまいますよ。想像をかきたてられますねw

ワタシがいつも聴いてるニッポン放送に「那須恵理子」さんというアナウンサーがいるのだけど、もの凄い美声なんです。キリリとした声で知性を感じさせます。
実際の那須さんはというと、なんと御年66歳でニッポン放送を定年してる方でした。それを知って、ちょっとびっくり。
もっと若い方と思ってました。艶のある、歳を感じない声でしたからね。

先日ワイドナショーを見てたら、ラジオでよく聴いている「つちやれお」が出ていました。凄く特徴があって一度聴いたら忘れられないような、とても個性的な声の人で、今まで顔は知らなかったのです。

それでご本人を見て、「この人はラジオで声だけ聴いてた方がいいかも…」と思いました。声はとても個性的なのに、見た目平凡で残念な感じ。

そういえば昔、停電の時に電話で話した電気工事の方の声があまりに素敵だったので、「あら~ハンサムかもしれないワ」と、想像をたくましく期待したことがありました。しかし、数分後にやってきたご本人ときたら、見事なちんちくりんな男性でガックリ。

ちょっと低音でハンサム声なのにギャップ有り過ぎだって。
勝手に期待して申し訳ないけど、やんなっちゃって、もう作業が終わり次第早々にお引き取り願いました。。。

さてそういうワタシは残念ながら声が低く、全然美声じゃありません。でもそれだとオバタリアン(死語かな?)独特の高音声にはならないのが救いでしょうか?

自分の声ってなんだか違和感があって嫌い。しかし声だけはどうあがいても持って生まれた素材ですから、こればかりは運です。
努力で変えようも無いしね~

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

フォローする

Googleさんのお勧めコンテンツはこちら!
スポンサーリンク
スポンサーリンク