横綱は品格を求められるので仕方ない

昔、大相撲横綱の若貴フィーバーというのがありました。若乃花と貴乃花親方の兄弟横綱の事で、本当に強かったですよねぇ。
東京に住んでいた頃、丸ノ内線の「中野新橋」駅にはあの貴乃花部屋がありまして、当時、ワタシは隣駅に住んでました。昼間の時間帯に度々お相撲さんが地下鉄に乗ってくるのを目撃したりも。
きっと四谷駅で降り、そこから総武線に乗り換えると両国ですから電車通勤していたんだと思います。

それにしても最近の日馬富士の暴行事件はガックリですね。何だか考えが甘いというか軽いと云うか。何と言っても相撲は税金が入ってる国技ですから、あれこれと規律は厳しい。横綱の品格ってのがイマイチ外国人力士には解らないのかな?皆の手本となるような振る舞い、行いを求められるのよ。

前に朝青龍も内館牧子サンに散々、横綱の品格がないと怒られてましたよねw 今回、やくみつる氏も引退止む無しと言ってました。


ワイドショーを観ててあら?と思ったのが貴乃花親方の事。全く口を閉ざしてるし、何だか頑なだな~という印象、ハッキリ言って気難しい人だなと思いました。
お母さんの藤田紀子さんも息子の貴乃花親方を、コレと決めたら揺るがない性格で、だから今だ疎遠で…と言ってました。

あの横綱だった頃に、これまた人気絶頂期だった宮沢りえと婚約発表して嬉しそうだったのに、程なくして、あっさりと気持ちが無くなりましたと淡々と別れを語っていた貴乃花を覚えています。

それを見た時、「何でまた、こんな短期間で心変わりしちゃったの?無神経な言葉を使う男だよなぁ」と思ったもんです。
公の前で、気持ちが無くなりましたという言葉は、ちょっと相手に対して気遣いが足りませんよ。今の貴乃花親方を見てると、ああ、あの時思った事は間違ってなくて、今も同じく冷酷なんだなと感じました。

こういう気難しい男と結婚してたら宮沢りえは気苦労したと思うよ。しなくて良かったんじゃないの、などと要らぬことを考えたのでした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
Googleさんのお勧めコンテンツはこちら!
スポンサーリンク
スポンサーリンク