雇用延長の義務化、安易に喜べないかもね

義兄(姉のダンナ)が60歳で定年となった時、そのまま雇用延長を希望したそうです。給料は大幅に下がるが、65歳まで同じ会社でそのまま働くのだ。

年金支給が65歳となってしまったから、企業に対して65歳までの雇用責任が事業主に義務付けられているので、どの会社も雇用延長の制度を取っているけど、実際どうなのかな~と疑問がありました。
だって定年となって今までの役職は退かなくてはならないし、後輩の下で働くとすれば、今まで上司だった人を使う事になるんだから周りもやりにくいに決まってる。
双方気を遣うでしょ?
自分は精神的に苦痛でセミリタイアしたので、こんな事になったら耐えられないなと思う。。。

しかし、義兄の会社は事業所もいっぱいあり、今までの勤務場所とは全然違う所での仕事なのでその心配は無いそうです。そういう配慮ができる大きな会社だと雇用延長も安心なのかもしれない。


今のバイト先でも雇用延長で60過ぎの男性が働いています。バイト先の会社は小さいので事業所は他に無し、定年後も同じ部署で働くしかないです。でもその人はずっと下っ端で役職も無かったから、今の下働きの仕事でもプライドが傷つくとかなさそう。


先日、職場の上司(アラフィフの方)との雑談の中で、リタイアの話題になったのですが、その方は定年後は違う所でバイトでもするよと言ってました。

「自宅が少し遠いし、この会社で雇用延長したら元部下の下で働く事になるしかないのでやりにくいから… そこまでして勤めていたくないよね」と言ってましたよ。

やっぱり少しくらい条件よく働けたとしても、誰だって精神的に苦痛になるのは避けたいと思うに決まってるものね。
雇用延長といっても企業によって条件は違うし、一概に安心とはいかなそうだわ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ

フォローする

Googleさんのお勧めコンテンツはこちら!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. take off より:
    僕も60歳すぎたけど、48歳で早期退職しいろいろな会社を転々としたけど 楽しかったサラリーマン人生でしたね。一部上場企業を辞める時はさんざんいろいろ 言われたけど、結局辞めて正解だったしこんな人生をなめた生き方はもう出来ないかも。 よく言われたのが給料だいぶ下がるよと言われたけど1度も下がったことはなかったし 何よりも自分のやりたい仕事ができるのが一番だったので。今の仕事は多分80歳までかなと思ってます。外資系では珍しいのかどうかわかりませんが、今のフランス系会社は いい会社です。本当は63歳定年ですがどうも80歳近くまでOKです。給料もさすが上場企業ですね。なんか自慢話になってしまってすみません。今年還暦の同窓会でも雇用延長の話題がかなりあったもので・・・・。
  2. ユウ より:
    take OFFさんは運が良かった思いますし、運も実力のうちだと思います。そして能力だってあるからですよ~(´∀`*) 羨ましいです。フランス系の会社?ウーンどこの会社か想像が尽きません。80歳までとは気が遠くなるほどまだまだ長いですね~ やっぱり同窓会でも話題は雇用延長というのもみんな切実だからですね。