「この人、家庭ではDV夫かも?…」と疑わしい人が居ました

最近は同年代のアラフィフの方のブログがを好んで読むことが多いです。
シングル、離婚歴アリ等々、境遇は人それぞれで、生きて来た時代と年数は同じなはずなのに全く違うんだよね~としみじみする事が多いの。

そして最近、ワタシがつらつら思う事は、世の中にはビックリするような酷い夫がいるのだなということだ。性格が合わない、価値観が合わないなんていう生温いもんじゃなくて、人として有り得ない、籍が入った途端に人格が豹変するのだから恐ろしい。

スポンサーリンク


ワタシは結婚したことが無いのでアレだけど、お付き合いした中では暴力男とかサラ金から借金してる男はいなかったはず。まぁ、もしそうだったとしても発覚した時点で即行お別れするので、籍が入って無かったら男は絶対隠すよね。

でも言葉が時々荒っぽかったり、お店で店員さんに接する時の態度が横柄とか「あら?」と兆候が出る時はあるんじゃないか? いや、でも付き合ってる時はそれはささいな事だと気にせずに、いいように解釈してしまうかな。


幸か不幸か、ワタシはそういう男性と親しくなった事はなく、酷い夫のブログを読むと、如何に自分は世の中の男を全く理解していないんだろうと、自分が世間知らずなのだわと実感するの。

そういえば昔、取引先の男性で、「この人、家庭ではDV夫かも?…」と疑わしい人が居ました。一見わからないけど、何度か対応してて見破りましたよ。短期なのかせっかちなのか、いつも舌打ちするようにイラついている。あんなイライラ夫が家に居たらとても気が休まらないわ、奥さんは良く離婚しないよなぁと思ったもんです。

そして抜け目の無い事に、そういう男はズル賢くて、男に逆らわずにグッと我慢強い、大人しい女を嫁に選んでいるのだよねぇ。

しかし、ワタシは横暴になる男の心理が解らない。なぜ妻に完全服従なんか求めるのかしら?夫婦となったら話し合い、協力し合えなければ一緒にいる意味はないんじゃないの?
それじゃなければひとり身でいた方が楽だと思うよ。そういう人が結婚したがるのも理解不能だ。その結果、犠牲者が増える事になり困るよねと思う。


ということで、ワタシが酷い男と付き合ったことがないのは、向こうから避けられていたからだわ、と今気が付きましたw するどい嗅覚で、この女は気が強くて毒舌だからアカンわ、と危険を察知されたと思うよ。

スポンサーリンク

フォローする

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

コメント

  1. ユウさんこんにちは。プリウスを売却したのでHNを変更しました(^^)/ 「良くこんな夫と結婚したなぁ。良くこんな妻と結婚したなぁ。」 結果論ですが、お互いそんな夫・妻でもパートナーにとっては必要だったんですよ。 夫婦にしか分からない相性たとえDV夫(妻)であっても離れられない何かがあるから夫婦でいられるんですよね。 その「何か」がなく、ただ金があるからとかルックスが好きだからだけで結婚すると大抵離婚します。 何かってなんだろうかと思うんですが、理性で考えてはダメで「本能的」な部分で融合しないと無理だというのが私が2度離婚した結果分かったことです(笑)
  2. ユウ より:
    福永ジョッキー…って騎手ですか?(笑)面白いHNですね。<何かってなんだろうかと思うんですが、理性で考えてはダメで「本能的」な部分で融合しないと無理だ…> ウーン、バツ2の言葉には説得力がありますねぇ(笑) その何かっていうのはソウルメイト、絆なんでしょうか?離れたくても離れられないという…   ちょうどリタイアしてからあまり難しい事が考えられない脳みそになってしまったので野生のカンと本能で嗅ぎ分けますヨ。