昔パンパンだったオトキ婆さんの話

スポンサーリンク
韓日慰安婦問題合意ということで大きなニュースになりました。

本当に今後2度と蒸し返されたりしないなら日本にとって10億円くらい安いのかもしれない。韓国の被害者ビジネスが10年、20年後に起こらないよう願います。
 
さて、ワタシが神奈川県横浜市に住んでいた小学生の頃、近所にあやしい風体と行動の老婆がいました。

スポンサーリンク

小学生には老婆に見えたけど…

 
「オトキ婆さん」と呼ばれてて、子供達が面白おかしくからかってたお婆さんです。

顔の皺が多かったけれど、身体はぴんしゃんしてたから、当時60歳を越えてなかったかもしれない。

近所の悪ガキどもが「ワー、オトキババアだー」とはやし立てたりすると「このクソガキ~」と怒鳴りつけ、小学生のワタシにはちょっと恐怖でした。


IMGP1119
 

オトキ婆さんは顔のファンデーションがやたらと肌色より白くて奇妙でした。

そんな噂のオトキ婆さんが昔、「パンパン」だったと同級生の子が教えてくれたけど、小学生のワタシはパンパンの意味が判らず。

その時は「ふぅーん」と聞き流して、大人になってからやっとその意味がわかった。

あの白塗りファンデはパンパンやってた頃の癖で、直らなかったのかなと合点しましたね。笑


韓国が従軍慰安婦問題で騒ぎだすとワタシはいつもオトキ婆さんを思い出します。

顔の深いしわは、オトキ婆さんの苦労を現してたと思う。でも、しっかりお金を貯め込んでるとの噂でしたよ。

同じ様にあの時代に体を売っていたとしても、その後の生活や人生はその人次第、努力で変わるんじゃないかしら。 
 
               
スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました