色んな悪い事が重なって対応が遅れてしまった

今年を総括するには早いけど、ワタシには忘れられない一年となりましたねぇ。。。

先月亡くなった父親は、肝臓ガンだったので治る病気では無かったのですが、本当ならもうちょっと早く病院に行き、ガンと判明していたはず。
それなら介護施設に入れることも出来たのにと思う。

思い返せば、色んな悪い事が重なりガンと判明するのが遅くなってしまった。その点、父は運が悪かったなと。

スポンサーリンク

9月の台風がつまづきの最初


今年9月に千葉を襲った台風被害で、親の住む地域が停電と洪水被害に遭いました。その時父が胸が腫れて痛いと言ってたけど、道路は水が冠水して車が入れない。

膝まで水があるなか、150m離れた車まで歩くのは父には到底無理。それで外出出来ないために病院へ行けませんでした。
それからやっとかかり付け医で検査したけど結果を1週間も待たされた。

2018年7月撮影


そんなに待たせるなら紹介状を書いて大きな病院に行かせてくれたら良かったのにと思いますよ。

全く二度手間となったし、大きな病院は予約制なので又数日待たされたんですから。

災害のタイミングも悪かったけど、かかりつけ病院の判断も悪かったと不満が残ってます。1ヶ月ほど時間を無駄にしてしまいました。
ワタシも自分が病院慣れしてないので、病院の慣習というか、しくみというか、そういうのが判らなかった。



そして個人病院だと経営の事情も有ったり、公立病院も住所地域によって管轄があるようです。

そういうわけでこれに懲りて、母親の時は素早く対応しないとね、と戒めになりました。
病院や医師の判断がちょっと怪しい時だってある。アレ?と思うところが有れば追及するべきです。
やっぱり母には長生きしてもらいたいですね。

スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました