友人からラインで離婚しますと知らせがきて、朝から驚く

友人からラインが来て、アラ何かしらと思ったら離婚するとの知らせが。朝からゲゲッと驚きました。

確かにちょっと色々とある嫁ぎ先で、ダンナには先妻が引き取ったけれど子供が3人もいます。
おまけに未だに元気な義父母と、そして義母は小姑に嫁の悪口をすぐ言いつけるという、良くあるともいえる嫁姑問題がありました。


とはいえ、義父母と仲が悪くても夫婦仲が良ければ大丈夫。どうせ先に逝く人達だからそれまでの我慢。ダンナは優しい感じの人だし心配ないと思ってたんですけどね。

55歳で離婚するとはまさかの展開でした。 彼女のダンナだって60歳ぐらいのはずだし、お互いここで生活を一変させるのはかなり強い決意じゃないかと思います。

しかしなぁ、彼女の方から離婚を言い出すとは到底思えないわ。ラインの文面からは色々あった、と書いてあり、離婚して清々したという感じはしない。

スポンサーリンク

友人は料理上手で主婦業はしっかりやっていた

旦那の方から言い出したとすれば、60歳を過ぎて男が離婚を決めるのは、普通なら次の女が居る場合に限りだと思うのですが、それはどうかなぁと。
本人を知ってるとドライに客観視できないですね。

今友人は地元に戻り、老人ホームに就職して一人暮らしをしてるそうです。やっぱり15年もブランクがあって、正社員で勤められるとなると介護職ぐらいなんでしょうね。


それにしてもなぁ二人から一人へとなると人生設計が180℃変わります。やっぱり人生何が有るかわからない。。。

どんなことがあっても身を守る手段としては他者に依存をしないに尽きますわ。誰かと仲良く暮らしても、依存するのは別問題。
人間基本は自分の人生は自分で生きるということです。

コメント

  1. クレア より:
    ユウさん、こんにちは! 今まで横に居た人がいなくなるって辛いものですよね。。。 わたしは20代前半と30代後半に結婚をしているのですが(はい、2度も失敗しました) 経験からして、長く一緒に居た人と別れたのは辛かったです。それで現実逃避して外国に行きましたから。2回目は現地でせがまれて結婚しましたが上手くいくはずもなく2年で終わり、戸籍だけが汚くなりました(苦笑、苦笑、ちくしょう。。。) ご友人の心のリハビリが早く終わりを迎えますように!
  2. tao313 より:
    熟年離婚というのは、よっぽどのことがあってのことだとは思いますが、その女性の年金が、どうなっているのか、ちょっと心配ですね。義母と小姑の意地悪に耐えた分の慰謝料くらいはもらいたいですね。 もともと一人だった人間は、それなりの人生設計で、全うできる確率が高いと思いますが、途中での独り身だと、人生再設計が大変だと思います。でも、その人は、すでに働き始めているとのこと、強い人だと思いますので、大丈夫でしょう。
  3. ユウ より:
    あらま、クレアさん随分遠くまで逃避したんですね、人生色々ですわ。しかし今では若き日の遠い思い出になったのでは?
  4. クレア より:
    お恥ずかしい限りですね^^; 物理的に遠くに行くとかなり心が楽になります。現地に慣れるのに必死でしたから日本でのことをクヨクヨしてる暇がなかったです。 でも日本に戻るとやはり思い出しますね。今は心が痛くなることはないのですが、嫌な気分になります。だから考えないのが一番です!当時は写真を現像する時代だったので段ボール一箱分残ってるのが未だに気になります(パンドラの箱状態)。現代だとPCでさっとデータ消去できていいですね〜。
  5. ユウ より:
    クレアさんへ。なるほど、そっか。他に心配事が有ればそちらへ関心が移りますものね。荒療治だけどいい方法ですわ。
  6. ユウ より:
    tao313さんこんにちわ~。友人のダンナは農家だったので国保だったと思いますよ。40近くまで厚生年金だったけど、海外留学してたから14,5年間ぐらいかと想像します。これから介護職で働いて保険を納めるなら何とかなるんじゃないでしょうか。 でも介護職はキツイと思いますよ、夜勤もあるそうです。帰る実家は弟夫婦が住んでるから、母親が健在でも帰れない。やっぱり何があっても自分の食い扶持は自分でという覚悟が我が身を守る手段ですねぇ。
スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました