元SMAPの3人の援護で予想もしない大物が出て来た

何だか最近は芸能界が大揉めしてますね。
でもワタシが興味を持ったのは吉本興業の件じゃなくて元SMAPの3人の援護で予想もしない大物が出て来た事ですね。

公益財団法人日本財団の会長笹川陽平氏が、この3人を民放テレビ局に出演させないよう圧力があったことを「各テレビ局も謙虚に事実を認めるべき」と辛らつに自分のブログに書いて発表したのだ。



ワタシの世代だとこの方の父親だった初代会長の笹川良一氏、一日一善のオジサンとして子供の頃CMを観たのでよく覚えてます。

人が良さそうにしか見えない普通のオジサンだったのに、笹川良一氏は政財界の大物だと知ってビックリ。良く解らないけど日本財団会長というのは力のある立場なんだなぁと思ってました。

調べてみると公営ギャンブルである競艇の利益を元にして、福祉や海外協力援助事業等々、公益を目的とする事業を行っていて、莫大な収益の金の配分権を握ってるので政財界に絶大な力を持っているんだそうです。

スポンサーリンク

笹川会長は大スポンサー

この日本財団のパラリンピックサポートセンターのスペシャルサポーターとして活動をしてくれたのが元SMAPの3人で、3人の活躍のおかげでパラリンピックの認知度がとても上がったので大いに感謝しているそうです。

政財界に影響のある立場の人でもあるし、公益事業の宣伝等でCMも作るからテレビ局にとっても大スポンサーになる人です。


こういう大物を敵に回すのは非常にマズい。でも傍から見てる身としてはとても面白い展開になって来たと思います。そのうちに3人はテレビに復帰するんじゃないでしょうか。

長年、事務所のために散々稼いできたのに理不尽に干されるなんて酷い話。
意外な展開でしたが、大物の方がきっぱり発言してくれて良かったんじゃないですか。
ジャーニー喜多川氏が亡くなり、ジャニーズ事務所も変革時期なんじゃないの。


スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました