人はネガティブな情報には7倍も反応しやすい

スポンサーリンク

せっかくパートも休みだというのにシトシト雨が降って肌寒いし、ダラダラしちゃってやる気が起きません。
こういう日は何をするでもなくぼんやりと考え事をする。


ワタシは過去のことを思い出して…というのは苦手。

何故か嫌な事ばかりを思い出して、あの人にこんな嫌味を言われたわと、今でも悔しさが蘇ってくる。

今更昔のことで腹を立ててもどうにもならないのに。。。

スポンサーリンク

ネガティブな感情は7倍も感染力が強い

 

どうやら良い記憶よりも、嫌な記憶の方が印象深く残るのは自然なことらしいです。

メンタリストDaiGoが言ってたけど、人間の脳はネガティブなことについてはポジティブの7倍も反応するんだと。

人は他人の不幸話に対して、非常に感情を揺さぶられ、反応し易いというわけ。人の不幸は蜜の味と言うしね。

しかし、他人のネガティブな情報を受けていると受動ストレスを受けてしまうんだと。


受動ストレスが溜まっていくと、メンタルに大きなダメージを受けて、うつや不安の原因になってしまうそうです。


赤の他人の事とはいえ、ネガティブな話題やテレビのショッキングなニュースなどに触れ過ぎると、自分で自分の心を傷つけることになってしまい悪影響を及ぼすわけだ。

やっぱりネガティブな話は良いことないので、ほどほどにしないとね。




閑話休題。

過去を振り返るとネガティブになり易いので、変えられない昔のことより、未来のことを考えた方が良い。

自己評価を高く持って、ポジティブシンキングする方が自分も幸せになるし、実際の運気も良くなっていくのだよ。

 

コメント

  1. ユウ より:
    ともさん初めまして。今後ともよろしくお願いいたします。地震はかなり揺れましたー、最近千葉は地震が多いです。
スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました