参拝に来てた人達、ほぼ9割がたマスクしてませんでした

先週末の3連休中に長南町の笠森観音へ行ってきました。

前回行ったのは12月半ばで3ヵ月ちょっと前、紅葉がまだ残っていた頃。実はあの時喪中で、父親とアンちゃんが成仏します様にとお願いしたんです。

そのお願いをした日からはとても心穏やかになったし、気持ちが軽くなった。
あぁ2人共、安らかに成仏したんだと感じましたね。




しかし、こんな辺鄙な場所にあるお寺なのに、参拝客が結構来るんだなーと再確認です。

10時頃には2つある駐車場の一つが満車で、他県ナンバーもかなりあった。


境内は枝垂桜だけがまぁまぁの7分咲きくらい。


天気の良い日は山のお寺は気持ちよくて参拝日和です。

 

スポンサーリンク

お堂からは景色も楽しめます


この階段を上って本堂まで行きますが、土足厳禁。
靴を脱いで靴下のままか、それとも用意してあるサンダルに履き替えてもいい。


昭和の時代に見た事あるようなレトロなサンダル、今どきどこに売ってるのかな?



このサンダルに履き替えて、用意されてるポリ袋に靴を入れて上まであがるのです。


さて今回おみくじは大吉でした。

「このおみくじを授かる人は龍が天上へ上がる時節を得たかのようで、願い事は全て叶う云々」と有る。



今まで引いた大吉の中でもここまで良い内容は初めてです。
んまーと小躍りしそうになりました~。

「花が開くように日々の努力が実り、幸運が開けるでしょう」とあって、これは嬉しい。
どんな良い事があるのかな~と妄想が広がる。。。




そう言えば参拝に来てた人達のほとんど、ほぼ9割マスクしてませんでした。ホントにアレ?と思うぐらい、お寺の方達も当然マスク無し。

そりゃあ新型コロナも笠森の観音菩薩様には敵うわけないか。


スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました