スポンサーリンク

嫌いなら無関心になるのが本当だ

以前にブログで書いた通り、自分が幸せになりたければ、人に対する恨みつらみ、怒り憎しみの気持ちは持っていてはいけないという。

何故ならこれらはネガティブな念なので自分の潜在意識に悪影響を及ぼし、自ら不幸を呼び寄せてしまうからなのだ。それを知ってからは嫌いな相手の為に、自分が損する事があってはならないと考えを改めた次第です。

しかし言うは易しで、そんなに理性的に気持ちに折り合いをつけられませんて。自分はまだまだ未熟者ですよ。しかし客観的にみても人を憎む気持ちは醜いものだと思う。

だからそれはやめましょうというスピリチュアルな教えには納得します。



心理分析で、嫌い憎いという気持ちが実は、愛情の裏返しだというのはちょっと全面的には納得できないですね。嫌いや憎いが、実は全て愛の表れというのは男女間に限ってだけで、同性同士や上下関係だとしっくり来ませんよ。


そういえばあの松居一代さんの一連の騒動。カツラとかバイアグラとか世間に公表し、船越さんを徹底的に突き落とすやり口は、別居して去った夫に構って欲しい気持ちの表れがあったのだと思う。

とはいえ、それ以上に可愛さ余って憎さ百倍の心理で、自分のプライドとか意地がごちゃ混ぜになってハチャメチャな行動になったのだろうな。自分でも良く解らなくなったのかもと推察します。


よくよく考えれば、嫌い=無関心なのに、職場で顔を合わせる為に関わりたくなくても関係は絶てず、ますます嫌悪する場合と、本音は仲良しになりたい場合とがあるかもしれません。


嫌いだと思ってる人なのに、実はその人と仲良くしたい、自分を好いて欲しいというのが本音なんて相当屈折してる幼稚な性格ですよね。

小学生の子供みたいで、そんな面倒くさい人と関わりたくないわ。

フォローする

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
スポンサーリンク

こちらの記事もお勧めです

error: Content is protected !!