スポンサーリンク

鬼門に勝手口は泥棒に入られる家相です

ウチの姉夫婦が神奈川県の田舎へ家を建てたのは25年位前。ちょうど隣家にも長女と同じ年頃の女の子とまだ赤ん坊の二人の子がいました。姉の長女とお隣の子はよく遊んだりしてたそうです。

ある日のこと長女が不意に、「お隣のAちゃんに、○○ちゃん(長女の名)ちはウチより小さいねって言われた」と告げたのだ。

確かに姉の家は駐車場以外は一坪位の小庭しかなくて、敷地に余裕はほぼなし。今ならばもっと大きな土地にすれば良かったのに、と思うのだが、家を建てた頃はバブル崩壊後で、まだまだ不動産は高い時代だった。



だからギリギリの土地を買ったのも仕方ない気もする。まぁそんな事情なんだけど、隣の幼い子が悪気無く云った言葉を聞いて義兄は憤慨してましたね。笑 

恐らく隣の子は親たちが話してた会話を覚えてて、何気にポロリと漏らしたのでしょう。幼い子供だと思って油断してよそ様の悪口話してると大恥かきますねぇ。子供っていつどんな時に余計な事を言い出すかわからないので。



しかし隣家の夫婦はそれから程なくして離婚し、母親が幼い娘二人を連れて出て行き、父親は1人暮らしになった。大きな家は仇となったのですよ。よその家を小さいと小馬鹿にした報いかも。。。 

さて姉の家は引っ越してきてそうそう空き巣に入られました。
丁度次女を身ごもっていて出産費用で用意してた30万の現金と貴金属とヴィトンのバックを盗まれたのだ。

東北に勝手口の家は泥棒に入られ易い家相です。完璧な間取りは無理だけど、最低限の家相の知識は持っていた方がいいですよ。

フォローする

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
スポンサーリンク

こちらの記事もお勧めです

error: Content is protected !!