スポンサーリンク

この世の中は鈍感な方が生きやすい

二十歳の若者であれば、自分には無限の可能性があるんだと思っても当然だと思う。

しかし、四十を過ぎた人間がそんなアホな事云ってたら困っちゃうよね。四十過ぎともなれば、これからどのくらい自分の伸びしろがあるか、もう定年までの見通しだって見えてきて当たり前。
ワタシもちょうど四十を過ぎた辺りから徐々に先々のことを考え始めましたね。職場には自分の好ましい人ばかり居るわけ無いし、ウンザリするような仕事や人間関係、どうにもならない社風がある。

そういうことを日々感じて過ごしてると、心が暗く重く疲弊してくるんですよ。

女性で定年退職まで在職するのはマレな会社だったし、何よりこんなことあと20年もやると思うと目の前真っ暗になり、つくづく仕事が嫌になりましたね。



脱出して好きな事だけする生活がしたいという気持ちが強くなった。
アーリーリタイアしたいと思う人は大概、こんな風な気持ちからそれを目指すと思うのですよ。

さて、セミリタイアカテゴリーなどに長くいると、こういうストレスは多少なりとも社会人を長くやってると共通項だろうなと思うようになる。

でも実はそうじゃ無くて、やっぱりこのようなストレスを感じない人はいるのです。



普通の会社員とはちょっと違う、男女差無しの実力でやっていける会社と職種にお勤めの方でしたが、ワタシが社会で働くのに疲れたので早くリタイアしたいと、ポロリと漏らしたことがありました。

同世代の独身仲間だと大概はあぁ、そうだよねぇと同調してもらえるけれど、彼女はまるっきりキョトンとしたのです。

恵まれた環境に居てストレスが無いのなら羨ましいです。それとも良い意味で鈍感なのか。。。 この世の中って敏感な人の方が生きづらいですからね。

フォローする

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
スポンサーリンク

こちらもお勧め記事です

コメント

  1. M より:
    ユウさんこんにちは。 鈍感なのか悟りの境地なのか。 「仕事なんかこんな物だからしばらく続ける」と言ってた後輩は、普通に勤続30年とか働けるみたいです。 私は、平成元年に社会人デビューした後、3年で退職して大学に進学し、25年働いてアーリーリタイアの準備中です。自分ががすぐに生き方を変えたくなってしまうタイプなので、やりたい事をやって生活できるよう、お金の事も結構考えていましたが、周りはそうではないですね。定年まで全力で働いで、やりたい事が出来ないままでは、私なら絶対後悔しそうです。
  2. しゅりんぷ より:
    こんにちは、初めまして。今日は仕事を休みまして、人間関係とか考えていたら何となく気にしない性格になれたらなぁとかそんなことを1日考えていて、ゆうさんのタイトルがハマりました 笑 多くのブログの中であらゆる不幸や幸福自慢もなくストレートで毅然とした感じが好きです。またうかがいます!
  3. take off より:
    ユウさん こんにちは。 確かに今から思えば40歳で夢はたわごとですね。 その夢を求めて48歳の時に早期退職を利用して上場企業を飛び出し、波乱万丈な技術開発 でもう14年経ちますが、振り返ってみると まあまあ、いい人生だったのかなと思ってます。 いつも夢を求めて今もですが、これからも多分です。 僕にとってのリタイアは48の時だったので今は余生なのかも知れませんね。
  4. ユウ より:
    Mさんこんにちは。多くの人が選ぶ道は不安要素が少なく無難ですね、それを良しと思えればいいけれど。そうは思わないワタシなどは唯我独尊。人にどう思われようといいやと思ってます。
  5. ユウ より:
    しゅりんぷさん初めましてコメントありがとうございます。ワタシのブログが気休めになれば幸いです。
  6. ユウ より:
    take offさんこんにちは。専門職でしたら40過ぎの転職もまた事情が変わってくるでしょうね。それにしても今も仕事を続け、満喫してるご様子なので只々感嘆しております。
error: Content is protected !!