景気が悪くなってきた頃の出来事でした

先日、本と紙書類の断舎利をしていたら昔の銀行通帳やらカードやら、いっぱい出てきました。残高が100円以下なので放置していたのです。
こういうのって10年口座を使用しないと銀行に撤収されてしまうんですよね?

確か、休眠口座の残高を合計すると数億円になるとかテレビのニュースで観たことがあります。何となく悔しいけれど、今更引き出しに行く事も出来ないので仕方ない。

千葉の田舎には都市銀行の支店は皆無。千葉市までしか房総半島には都市銀行は存在してないようです。
千葉市から南にあるのは農協と郵貯、千葉県の地方銀行しかありません。


IMGP1649

 

さて、その断舎利中に物凄い懐かしい物が出てきました。
今は亡き、山一證券のカードです。昔中期国債ファンドだったか、山一證券で少し投資していた事がありました。

今でもまさか、あんな大きな証券会社が倒産するとは信じらず。当時は金融機関の倒産なんて考えられない時代でした。

ワタシの知り合いも山一証券に就職しましたが、お給料も高く、ボーナスで度々海外旅行に行ってたりと、羽振りよく遊んでいましたよ。



そんなお気楽なOL生活だったのが、いきなりの倒産劇。人生何が起こるかワカリマセン、あの彼女もその後どこかへ再就職したのかどうか。

山一証券の事件が有って以後は、地銀がバンバン潰れたりと金融機関の倒産は珍しくもなくなり、すっかり慣れてしまいました。

スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました