スポンサーリンク

自分の中に原因があったのかも、と発見する

大昔の話なんだけど、19歳の頃に好きだった彼は母子家庭の子でした。そしてその彼は多分、ワタシが今まで付き合った中で一番のイケメンでした。(と、いっても同い年のカレだったから今から思うとまだ少年の幼さが残っていた感じでしたね・・・)

まぁ、とにかく甘い顔立ちのハンサムで、何度も街で芸能事務所にスカウトされた事もあったくらいだったのです。そんな容姿端麗な彼のお母さんはというと、これまた小娘だったワタシでさえ「エエッ!」と、びっくりするほど若く美人。お化粧や髪もキレイに整えていて、まるで女優さんの雰囲気。 

スポンサーリンク


お母さんであんなにキレイな人なんて見た事なかったから本当に衝撃でした。「やっぱりなぁ~、子供がキレイな顔なのは親からの遺伝なんだわ」と、とても納得した一件でした。


さて、そのお母さんのことなんですが、彼は相当嫌っていました。お母さんは10代ソコソコで彼を産んだので、その頃まだ40前ぐらい。20代で離婚してから歳もまだまだ若かったのでずっと男の切れ目がなかったそうです。

どんなに若く美人でも子供にとってはただの母親なのですからよその男性が家に来たりするのは嫌だったそうです。そして実父の方はというと、離婚後はさっさと別の家庭を築いて、前妻の元に残してきた子供には全く無関心だったのです。

今思えば、こういうちょっと気の毒な家庭環境で育った彼なので、心が病んでいたのですよ。気分にムラが多くて散々振り回され、結局は他の女に乗り換えられ、ワタシは振られて別れました。

img_4760-800x532

まぁどう考えても、包容力のある、甘えさせてあげる女性じゃないとこの彼には無理ねと今なら分かる。ワタシは子供で、まだ自分が相手に甘えたい方だったし、男の本質を見抜く目も全然無かったワ。

ということで、最近心理学に興味を持ち加藤諦三先生の本を読んでいるので、「この彼を手始めに、ワタシって病んでる男と結構付き合ってたかもしれない・・・」と、思いあたったのです。これは引き寄せていたのかしら?

ワタシ自身に何か原因があるかもしれないと、ここに来て発覚したかもしれませんね。ちょっと勉強してこれから自己分析できたらいいと思います。

フォローする

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク