存在給が上がれば、楽すればするほど、収入は上がっていく

「あれ?なぜワタシ働くのがイヤになったんだっけ?」と、時々セミリタイアしたかった理由をすっかり忘れてしまうことがあります。
喉元過ぎれば熱さを忘れるのごとく、ワタシはすっかりケガが治り、痛みを忘れてしまったようです。

 


現在一応バイトはしているものの週3回、しかも一回3時間の仕事ですから、仕事でストレスはありません。この生活環境はありがたいことと思いつつも、慣れてしまうと平和ボケしてしまうのですね。

社会に出て働く事のストレスが、段々キツく感じたのは30代後半の頃だったかな。

でもその頃はまだまだ気力があって、ストレスを跳ね除けるエネルギーはあったのです。
しかし、それもやがて限界がやってきて、真剣にセミリタイアを考え始めるようになったのは42歳になった頃でしたね。

スポンサーリンク


10年先なんて無理…

今から10年前、ワタシの勤めていた会社は女性が60歳まで働き続けられるような雰囲気ではなかったです。そして、あと10年なんて、絶対に自分の精神が持たないことも自覚してました。

この状態で流されて勤め続け、50歳を過ぎてからあたふたしたら目も当てられない。「これは今から考えておかないとダメだわ…」と密かにアーリーリタイアすることを計画しました。


考え始めたものの結局は資金次第なわけで。運良くほどほどの年齢で願いは叶いました。

「願いが叶ったんだから感謝しないといけない」と思うのですが、最近「存在給」についての本を読んだところ、そんな謙虚さは自己評価を下にみることになるのでかえって運を下げる行いだそう。



「私だから、当然のこと」
「私だから、役に立とうが立つまいが貰える」
「私は豊かに暮らすことは当然」
「私には価値がある、何もしなくても価値がある」 
笑って好きなことして生きること、
存在給が上がれば、ラクすればするほど、収入は上がっていく。


というのですよ。

でも表立ってはこんな傲慢になれそうも無いワ。
心の中で密かに自己評価を高く持ちたいと思います。「ワタシだから当然なのよ」と。。。

スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました