スポンサーリンク

「逃げ恥」体験してました

皆さんは今までに、どうもこの人とはハチグハグなことになるなぁ、と思う
そういう相手はいませんでしたか?
事の大小はあるけれど、ワタシ結構その経験があります。

会社の同僚でそんな人と仕事を組んでやった事があります。全く息が合わず、チームで進める仕事の時にはお互いやってる事の視点がてんでバラバラ。仕事の成果は全く出ず、惨憺たるものでした。


日ごろ、とにかく「運の良さが大事」と唱えてるワタシですから、自分にとって悪い結果をもたらした人とはなるべく距離をおく、が信条です。

そしてまた、仕事の上司の方でしたが、いつもその上司と目が合うとワタシが欠伸してる時とか。そういうタイミングの悪い事が複数回続き、全くぐうたらな部下と印象を持たれてしまったことがあったのでした。

同僚と相性が合わないのはまだいいけど、上司と相性が合わないというのは立場の弱いこちらが損をするのでシビアな問題です。
この時ワタシは、会社と仕事、モロモロ考え合わせて「この相性の合わない人が上司になったのもきっとキッカケかもしれないな」と転職しました。


相性の合わないが人が上司になるという不快さと不運は何か意味があるのかも?
そういう風に何か啓示のようなものを感じました。転職の結果、キャリア的には良くも悪くも無かったんだけど、後悔はしてませんね。

逆境でふんばるだけが良いとは思えず、時には逃げてもいいと思うのです。もっと自分にあった場所を選ぶためにね。

「逃げるは恥だが役にたつ」って新鮮なことわざだったけど、実は何気に「逃げ恥」体験してました。

フォローする

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
スポンサーリンク

こちらの記事もお勧めです

error: Content is protected !!