館山へ移住案は却下しました

3月になって又、寒い日が続き、「あぁ、温泉に入って温まりたいよー」と気持ちが抑えらなかったワタシ。衝動的に館山の宿泊施設を「じゃらん」で検索し、翌々日の日帰り温泉パック6000円を申し込みました。思い立ってすぐ実行できるのも時間に自由なセミリタイアならではの良さですね。

房総の南に位置する館山には一度行ってみたかったし、久しぶりにデミオでドライブもいいじゃないかと。我が家からは片道100キロ近くありましたが車窓の景色が海あり、山ありでとても素敵な道中で、一緒に行った母親は大いに楽しんだようです。

さてナビに導かれて迷うことなく2時間半で内房の海そばの旅館に着きました。九十九里の外房は砂浜に打ち寄せる波だけど、内房はとにかく岩場ばかり。東映の映画で見る、アレみたいです。
海からすぐ山があったり、同じ房総でも全く海辺は違うと驚きました。岩場じゃサーフィンは出来ないのでサーファーは外房に来るのだなと納得です。

内房は入り江で、海の向こうに三浦半島や富浦の陸地が見えたりして、海の眺めは飽きなくていい。外房はどこまでも地平線です。そのかわり地平線から旭日が昇るのは最高で、それぞれ良さがあり、あとは好みですね。

館山は九十九里より暖かいかしら?と思ってたけど、大して変わりないみたい。ただ館山はかなり田舎ですね。人口は5万人程度で気の利いたショッピングモールも無さそうです。九十九里から移る意味は無いなぁー。密かに考えてた館山移住案は即却下しました。。。

この日はドライブ日和でした~♪  デミオ君と母親を撮影


さて温泉は、館山塩見温泉「こがねの湯」 (泉質:ナトリウム塩化物冷鉱泉)というお湯でしたがなかなか良かったです。ただ温泉好きのワタシはいくらでもだらだら長湯が出来るけど、母親は温まったら今度は心臓がドキドキするとかで、そこそこで切り上げてあがってしまった。 老人は温泉入浴時は血圧に注意ですね。

そしてお昼の会席料理は、はっきりいって不味くて全くダメ。サイトのクチコミには「料理が美味しい」とあったのは刺身だけの事じゃないのか? 刺身なら房総で不味い店なんか無いよ。

特に煮魚、鍋物の味付けが酷くて、ちゃんとした料理人が作ってるの??って感じ。これで1人6000円のプランにしては酷すぎるレベル。

「花しぶき」というこじんまりした旅館でしたが、ふざけんなという感じ。館山のイメージがますます悪くなってしまいましたヨ。次の犠牲者を増やさないためにクチコミに感想を書いておくべきかしら?全く残念でした。。。

フォローする

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
スポンサーリンク