元同僚のご主人が60歳で亡くなりました

元同僚のご主人は60歳でしたが、去年胃がんが見つかってから7ヶ月くらいで治療の甲斐なく亡くなったそうです。

今年18歳の長老さんはいつも眠そうなんです・・・

元同僚のC子はワタシより4つ上で、今も社員で働いてますし、子供達はもう二十歳を過ぎているから最悪生活に困窮するようなことはなさそうなので良かったですが。


でも享年60歳なんて若すぎますねぇ、人の寿命というのはわからないものです。悔いの無い様、さっさと人生楽しまないと後悔します。

そう言えば13年くらい前のことですが、C子のダンナが突然リストラにあいまして、苦労をしてやっと再就職したのですが、そしてまた、60歳の若さで早死にするなんて、ちょっと色々ツイて無かったというか、お気の毒でした。

 

スポンサーリンク

大リストラ時代がありました


リストラされた頃、ご主人は40代後半、下の子供はまだ小学生。C子には何とも気の毒で、むやみに言葉もかけられませんでした。

あの大不況の一時期、ワタシの年代は、リストラにあって解雇されたり、勤め先が突然倒産したりと、ダンナがいとも簡単に失職してしまった話をずいぶん見聞きしました。

夫婦共稼ぎだった世帯はまだマシだけど、お気楽なパート勤めだった家庭の妻は生活設計が大いに狂ったはずです。再就職できても年収は前職より減ったそうですから。

 

男性だけが「大黒柱」になんてもう無理なんじゃない?と思い始めた最初の頃でした。

スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました