嫌いな人を陥れたい、呪いをかけたいと本気で思案した

若い頃は働く事が大好きで、今も労働すること自体は嫌いじゃないです。あの頃は、ただその時を一生懸命働くだけしか考えておらず、単純で真面目(?)でしたね。しかし社会で揉まれていくうちに、鈍いワタシも色んな事に気づき始めました。

 

セブンのわさび稲荷が好きなんです・・・

企業は労働者を搾取してるし、理不尽なものです。特に不景気な時だと強気の締め付けしてやりたい放題。
今みたいに人手不足になると今度は甘い顔をする。労働の対価としての給料だって安すぎると思いました。

でもそれは人に雇われてるうちは仕方ない。所詮他人の土俵で稼いでいるのだから、悔しければ経営者側になるしかないのだと思います。


でもワタシが一番辛かったのは職場の人間関係ですね。くだらない付き合いや社交辞令と、大嫌いな相手を避けられない、自分を不快にさせる人と関わっていなければならないのは一番の苦痛です。

スポンサーリンク

現実逃避したかったのかも

一時期はどうにも心がドス黒くなり、嫌いな人を何とか陥れられないものか、呪いをかけて消したいと本気で思案したこともありました。 

しかしながら「人を呪わば穴二つ」という通り、やった悪行はやり返される事になるので断念しましたが。。。

でも一番の復讐は自分が幸福になることです。多分、あの頃の嫌いな人が今のワタシをみたら、きっと「フン」っと鼻を鳴らしてイラっとすると思いますよ。

 


さて、今となっては労働体質どころか、体力自体が無くなりました。週3の朝のバイトだけで一杯一杯です。大して重労働でもないけど、立ち仕事だし、今のワタシの体力ではギリギリ。


セミリタイア生活は健康を害したらお金も損するし、第一、生活を楽しめません。まぁ、肥満対策程度で働く位がちょうどいいのだと思います。

スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました