お金が無いと言いながら、生活レベル下げて支出を減らす努力が足りない

バイト先の方の息子さんが、来年大学進学するにあたっては奨学金を借りる予定だそうです。
前に書いた、マンションのお話と同じ方なんですが、話を聞きながらワタシの頭中はモヤモヤした不可解さでいっぱい。

だって正社員の収入があり、奥さんも働いていながら子供の学費ぐらい捻出できないのかしら?
何とかしようと思えば出来ない事はないのじゃないか?ボーナスだって支給されてるんだしさ。

スポンサーリンク

塵も積もれば…小さな節約はバカに出来ませんよ

 

お話しの中で、自然と生活ぶりが垣間見えるのだけど、ワタシから見るとお金が足りないと言いながら、身の丈を超えた贅沢な出費をしていると思えます。

例えば下の子供はピアノ習わせて、家族4人全員キャリアのスマホを持っている、通信費は毎月27000円も支払うらしい。

 


お金無いならガラケーか格安スマホにするべきじゃないだろうか? こんなの基本の節約方法ですよ。

お金持ってない人の生活レベルより高いと思うのですが、本人の認識では普通より下と思ってるらしい。

最近は当たり前の様に大学進学時に奨学金を借りるけど、ワタシの頃は周囲で奨学金を借りてる人はほぼいませんでした。
たまにいても片親で母子家庭のおうちの子ぐらいだったかと。


ウチの父親は安サラリーマンだったけど、子供3人を大学、短大にそれぞれ進学させました。何とかやり繰りして家計は厳しかったと思いますけどね。

住宅ローンで経験してますが、毎月の返済ってシンドイものですよ。長くてイヤになる。。。
もう2度とローンなんて御免ですね。

スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました