暴言の酷い異常な怒り方、これらは全て親を見て真似ている

誰でも心の深い部分には親からの影響が染み込んでいるという。

親との関係性が悪いと、一見関係がないように思える仕事やプライベートでも悪影響が出たりするそうです。

 

テレフォン人生で、あるお母さんからのお悩みで、秘書に暴言暴行騒動の女性議員の発言や振る舞いが自分に似ている。連日のニュースで報道されるのを見て、自分を見てるようで大変落ち込んでしまったんだとのこと。

例えば、怒っている最中に歌を歌ってしまう事とか、赤ちゃん言葉を時々使うなど。自分は病気なんじゃないかと不安なんだそうです。

スポンサーリンク

自分も自覚してない親への怒りが原因


これに対してテレフォン人生の大原敬子先生が言うには、

あなたの幼児期は親に気を遣う子供で、こうしていれば、お父さんが喜ぶ、こうしていればお母さんが喜ぶという、そういう良い子だったはず。だから、自分の感情を抑圧してきた。

躾で子供を叱ってるはずが、段々と子供の頃からの潜在的な怒りが湧いてきて、怒りが増幅されてしまうのだそう。

この方自身が怒っていることも、あの議員さんが怒っていることも、幼児期に両親から受けた体験を、そのままやっている。人は怒り方はすべて模倣です。


小さい時のおままごと遊びってその家の家庭の様子がよく出ますが、アレと同じということですよという。


親になると、子供に対する影響力は責任重大だとわかっていました。

その責務に耐えられないからワタシは親になるのが怖かったと思う。しかし未熟でも皆が親になって子を持たないとこの世は続かない。
だからいい親の元へ生まれて来るのはくじを引くようなものかもしれませんね。

コメント

  1. sakurako より:
    私も子供が苦手だから独身です。。。。いえ性格に問題があって独身なのです。 そのてん猫はよいです。絶対に裏切ったりしないし私のことを最高の親と信じて いるみたいです。おたくのにゃン子ちゃんたちもきっとお母さん大好きですよ。
  2. ナン より:
    ユウさん。お久しぶりです。こんにちは(笑)ナンです。親と子供への考えは全くユウさんと同感です。親との関係はずっと悩んでました。ようやくこの年になり真摯につきあえるようになりました。今はある程度の距離をおいて親孝行してるのかな? 子供に関しては、結婚してるときも一度もほしいと思ったことはありませんでした。 今の誰にも束縛されない生活がベストと思いますが…。時には人恋しくなります。
  3. ユウ より:
    sakurakoさんこんにちは。子供が好きじゃないというと「変わった人」という目でみる人もいますけど、無責任な事はしたくないのです。でもなぜか猫は大好きで可愛がるから自分でも不思議なんですよね。
  4. ユウ より:
    ナンさんこんにちは。(´・∀・`)アラマァ共感してくれる人が居て嬉しいですヨ。褒められることじゃ無いけど… 今の自分の正直な気持ちに向き合いたいし、キレイ事言いたくないのですよね。
スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました