やっぱり消費税が10%なんて気が重いワ

2019年の10月まで消費税10%引き上げが延期になったけど、今の8%でも税込み値段になってみると「随分高くなるなぁ」という感じは否めない。

税込みになった値段を見て買おうとした手を引っ込めてしまう時がある。
増税前は8%になってもそんなに変わらないかな、なんて思ってたけど全然違う。皆もそう実感してるのじゃないだろうか?
3%の違いは実はとても大きかったなと思う。

スポンサーリンク

消費税では先細りになると

先日ラジオの「ザ・ボイスそこまで言うか!」で経済ジャーナリストの森永卓郎、宮崎哲弥さん両氏によると、

消費税上げて法人減税するとお金持ちの一人勝ちだ。
消費税っていうのは人口に比例するからこれから先細りになる
消費税を上げるより景気を良くした方が税収は絶対増える

 

実は消費税は、ほとんどが社会保障に使われておらず、増税の9割が企業減税に振り向けられたなんて聴いてガッカリしました。

消費増税しない代案もお話してたけど、専門的でちょっと説明し難いので割愛します。でも具体的に数字を挙げていたので説得力がありました。


国民は財務省に騙されてるし、「経済」を解ってる政治家が少ないと言ってましたね。特に民進党は増税賛成派の前原さんが代表になったらもう終わりなんだとか。



森卓さんの予想では、安倍総理は消費税増税凍結の是非を問うのを大義にして、
解散総選挙→自民党が大勝→支持率上がる→憲法改正をする、と予言してました。

確かに、安倍総理は何としても憲法改正したそうだけど、再選の目が危うくなってる今、起死回生するにはその手しかないなぁとも思うのでどうでしょうか。

スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました