「あ、この人はヤバイ人だワ…」と気付いた話

ワタシがバイトを探してた時、一番募集が多かったけれど、スーパーのレジだけは無理と思いましたね。

直接お客と接するサービス業は気を使うし、安い時給じゃとても勤まらないと思ったから。やっぱり今のバイトのように裏方の、調理場の仕事はその点は気楽です。

さて先日スーパーに行った時のことですが、そのお店はいつも混んでいて、その日もワタシが並んだ列には後ろに4,5人並んでいます。

スポンサーリンク

よりによって客商売の人が…

 

レジカゴ用の買い物バックは持参しているので、それに詰めてもらって、菓子や葉物野菜の嵩張るものは別にワタシがレジ袋に詰めていく。

そうすれば店員さんの手間も時間も省けて一石二鳥。後ろに並んでる方の為にも早く終わって助かるだろうと思うし、毎回そうしていたのです。

ところがその日ワタシの並んだレジの店員さんはすごく感じの悪い人でした。
こちらへ入れますからと差し出した手のひらに缶詰を押し付けられ、思わず取り落としそうになりました。



ウーン悪意がこもってるとしか思えなかったです。

ビックリして店員さんの顔を見たら、「あ、この人はヤバイ人だワ…」と気付きました。30代の女性でしたが、顔つきに険が出ていて、負のオーラが湯気を立ててる感じがします。

顔つきが不満の塊ですよ。

こりゃイカンと、会計を早く済ませサッサとそこを離れたのでした。



スピリチュアルの本によるとこういうのは「悪念」という、君子危うきに近寄らずの通り、こういう人に近寄ったらロクなことありません。

それにしても、よりによってサービス業に従事してるなんて、お店にとって害にしかならない。

とにかく次回は絶対この人に当たらないようにレジを選ばないとダメですね。

スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました