肩凝りが治らず、頭皮のツボに鍼を打ってみました

実はずっとこのところ首筋からの肩凝りに悩まされてました。
磁石のエレキバンを襟足に貼ったり、整骨院でも肩の筋肉をほぐしてもらったけれど、その時少し楽になっても効果はあまり続かず、結局コリは取れなかったのです。

そして先日のこと、整骨院で先生に老眼が酷くなって…とお話したら頭のツボを押してくれたのですが、それが頭のツボというツボ全てが「ひゃっ~」と思わず声を出すほどイタ気持ちいい。
特にもみあげ上のツボは悶絶するほどの激痛だったけども同時にすごい快感。先生によると疲れ目のツボだそうで、刺激すれば目がスッキリくっきりするのだとか。

それで思い切って頭と首に鍼治療をしてもらいました。
今の鍼って縫い針よりもうんと細くて髪の毛くらいの太さなんですね。そして使い捨てなんだそうですよ。それを地肌にプスプス…と刺し込んでいくと何かを突き破るような初めての感覚でしたが、これは筋膜を破っていってる刺激なんだとか。


左右刺し終わるとピリピリ突っ張った感じで、口を開くと引きつれて痛いので話が出来ない。やっぱり少々の痛みは感じましたね。

さてその次の日の朝ですが夜中に一度も目を覚ますことなく朝までぐっすり眠れました。朝起きてスッキリ感を感じるのは本当に久しぶり。肩の凝りはまだあるけど、もみあげ上のツボは前ほど痛くないです。やっぱり目の疲れが原因の肩凝りだったのかしら?

今回まだ一度だけですが、ワタシには鍼治療は効果あったようですね。料金は健康保険適用外なので一回2000円でした。
鍼治療はなかなかいいかもしれないと思った次第です。

フォローする

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
スポンサーリンク



コメント

  1. ユウ より:
    クスクス(´∀`)笑わせないで下さい。もうアチコチ痛い所ばかりで嫌になりますってw 五十肩は東洋医学のお灸とか鍼治療が効くかもしれませんヨ。
error: Content is protected !!