平日の日帰り温泉は何故かオジサン率が高い

何度も同じことを云いたくないがとにかく最近寒いです。

だって室温が14度ですよ、軽く20度を切っちゃってます。こんな日でも勤めて居れば会社へ行くだろうし、主婦だと家族の食事を作ったり毎日の掃除もしなくちゃいけないだろう。

でも日中家にいるワタシはこんな日はただただ家の中で寒さに震えている、ブルブル・・・というわけで、もう体が芯まで冷えるので、こんな日は日帰り温泉に行くしかやる事はありません。
ウチから車で30分のところでお昼過ぎに行きました。


駐車場は結構いっぱいで、やっぱ寒いから、みなお湯に入って温まりたいと思うだろうな。しかし、浴場に入ってみたらあらら、ガラガラですよ。いくら平日とはいえ人もまばら。
そうなると、どうやらあの駐車場の車はほとんど男湯のお客だったようです。

不思議な事にこの日帰り温泉はオジサン率がいつも高いのです。でも平日なんですよ、定年族が多いのかしら?

スポンサーリンク

寒い時は温泉が一番だけど…

さて、今日は時間もあったので初めて施設内の娯楽室に入ってみました。

がしかし、一歩足を踏み入れたその途端、ぷぅーんとオヤジの加齢臭が漂ってるじゃありませんか。キャッっと、すぐ踵を返して出てしまいました。

とても中に入ってくつろぐどころじゃありません。リクライニングチェアに座ってるのは確かに男性ばかりのようでしたが… イヤー団体となるとオヤジの加齢臭は強烈だ。

でも、ここはお風呂だから取り合えずオジサン達だって体洗ってんじゃないの?なのにまだ匂うのか?オジサンってどうして匂うのか。

チャッチャといい加減な洗い方をしてないで、しかるべく洗ってよね。
しかし恐ろしくてもう二度と娯楽室に寄る気にはなれません。

スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました