「痛いオジサン」を初めて見た、やはり若作りは見苦しいな

ワタシはシングル歴が長いため、20代から生活スタイルがさほど変わっていない。アラフィフになったとはいえ、子供が居る人とは脳内の感覚は随分違ってるはず。
だから同い年位の人と接していても、はて??という事はよくある。まぁ環境による経験値の違いね。

そういうわけで脳内はさほど経年してないはずだけど、肉体はアラフィフなりの状態。どうしたって若い娘の薄っぺらな体ではないわ。年をとれば段々と茶筒体型になり、肉厚なボディになってしまうもの。

ワタシが一番恐れることは、「痛い若作りオバサン」にならないことだ。

ファッションはごく普通のカジュアルでデニムとセーター、体の線が出たり露出のあるデザインは避ける。髪型も最近ショートにしてスッキリさっぱりしたので、それなりに見苦しくなく、かといってやり過ぎ感もない感じだろうと思う。



しかし今まで「痛い人」と言ったら必ず女性を想像してたけれど、今日はそれを見事くつがえすような「痛~いオジサン」を見てしまいました。

ホームセンターでレジ待ちしてたら、入口から入ってきたアラカンと思わしき男性を見てアラびっくり、見事な若作りな服装だったのです。

ピタピタの柄シャツと昔ザ・ジャムのポールウェラーが履いてたようなすごいスリムなパンツ姿。ギリ30代なら許されるかしら?



ほっそり体型の男性だったけど如何せん、貧相な感じ。それにちょっと姿勢が悪いというか、歩き方でもう若い人ではないのがわかるのが悲しい。。。

オシャレさんなのだろうけど、上下とも体の線が出る、ピタピタの服はアラカンのオジサンだと気色悪かったです。多分、自分が年をとった事をあまり自覚もせずに若い頃の感覚そのままなんだろうな。。。

という事で、男性の「痛い人」を初めて見たのですが、歩き姿で年齢がバレるなんて怖いですね、やっぱり無理な若作りはいけないなぁと再認識した次第です。

スポンサーリンク
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
SNSフォローボタン






error: Content is protected !!