アブナイ看護師さんはやっぱり居る、と思った一件でした

うちの父は88歳ですから何をするにものろのろモタモタしているのですが、ワタシは絶対手伝いません。
時間がかかってイラッとしますが我慢我慢。甘やかしたら自分で何もしなくなります。

2ヶ月に一度、通院してますが看護師さんの何と優しい事よ。ウチの父のようなジジイに笑顔で優しく声掛けし、歩行サポートまでしてくれるのです。
ワタシなど死んでもそんな仕事出来ないわと思う。

つくづく思うのですが、看護師さんや介護士さんというは人に優しく親切な性格じゃないと出来ないと思うし、またそういう資質がないと向きませんね。
この手の仕事は金のためと割り切って働くには絶対不向きだと思います。



2年半ほど前、ウチの母親が膝の人工関節手術をして1ヶ月近く入院していた時の事、病棟で一人だけ、ちょっと変な看護師さんがいたのです。

深夜、母がトイレに入り間違って緊急ボタンを押下したのが事の発端でした。

駆けつけてきた看護師さんに間違って押してしまったと謝ったそうですが、その人は不機嫌な態度で返事もしないで戻っていったそう。

「ちょっとこのバアサン、こんな深夜に勘弁してよね~」と思っただろうと察しますが、でもこんなことは年寄りの多い職場では良くある事ではないかしら。

スポンサーリンク

ウチの母親、負けん気強くて

上司の看護師さんにそれを言いつけてしまったのです。

それから数日後のこと、母親の携帯電話が無くなる事件が起こりました。使った後に布団の隙間に挟んでおいたがどこにも無く、布団を全部はぐってみてもヤッパリ無い。

看護師さん達にも無い無いと訴え、事が大きな騒ぎになりかけたその次の日、あっけなく携帯は布団の間から出て来たのです。

母親が言うには、きっとあの例の看護師が上司に言いつけられた事を恨み、隠したのではないかという。



ワタシはこの話を聞いて、まさかそんな事看護師さんがするかな?と思ったのですが、母の面会に行った時にその看護師さんに会ったところ、ワタシと不自然に目を合わさず、しかもその目が動揺してる。

ちょっとこれはヤバい人かもしれない…と危ない印象を受けたんです。

真相は不明ですが、そのうち退院するのだから騒ぎ立てるのは止めなさいと母親に釘をさしました。本当におかしな看護師だったら薬を注射され殺され兼ねません。

というわけで、アブナイ看護師さんはやっぱり居ると思った一件でした。怖いですよね。。。

スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました