僕はオモチャにされていたという告白記事を読んで仰天しました

スポンサーリンク

お昼のワイドショーで、財務省のセクハラオジサンの時はコメンテーターが容赦無くこき下ろして酷いもんでした。

しかしジャニーズ事務所のタレント、TOKIOの山口メンバーの事件には忖度して批判が弱いことったら。。。これだからコメンテーターもマスコミも信用できません。

ジャニーズ事務所のジャーニー喜多川社長は、昔から10代の少年が大好きで、デビューをエサにして相当数の少年達に手を出していたので有名です。




それに実際に裁判で有罪にもなっているのに大きく報道された事が無い。これはジャニーズ事務所が怖くてマスコミが報道しないのでしょうね。

今はジャーニー社長も高齢で80越えしてるのでもう無理だろうが、光GENJIの頃までは何人ものメンバーに淫行をしてたという。

皆15,6歳だから良く分からずに、抵抗できずにヤラレてしまったらしい。

スポンサーリンク

昔から少年好きで有名だった


週刊文春はジャーニー喜多川氏のこんな暴露記事を何度も掲載していていたんです。

ジャニーズ事務所を辞めた、かつての人気アイドルの、僕はオモチャにされていたという告白記事を読んだ時は仰天しました。

古くは元フォーリーブスの北公次、豊川誕などがその餌食になり、(昔の人気アイドル)でも大人になったらあっさり捨てられたという。



貧乏な家の子や親が居なくてという、事情のある子の弱みに付け込んでいたのだからずる賢いですよね。

昔の週刊文春の方が反逆的で良かったな。
あれから週刊文春は趣旨が変わって、今は不倫記事ばかりのつまらない週刊誌になりましたよね。

スポンサーリンク
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました