スポンサーリンク

「自分は間違った場所にいるんじゃないかな?」自己実現してこなかった自分

世間から認知度の低いセミリタイア生活なんてしてると、世間一般と同じ物の考え方が、必ずしも自分にとって良しではない、という事が多いなと気付く。

昔若い頃、30歳になったくらいの頃だったか、今の自分は本来の自分じゃなくて、今ワタシは間違った場所にいるんじゃないかな?と思った事が有りました。「ワタシは間違った選択をしてしまった…」と。これは自己実現してこなかった人間によくある感情なんだそうです。

このトシで今さら人生リセットなんて出来無いわと、結局はなすすべもなく、そして生活に追われてるうちにそんな思いも忘れてしまった。

今50代になってみたら30歳なんてまだまだ若いし、そんなのいくらでもやり直し出来たのにね。

でも当時は「もう30歳だ」っていう風にしか考えられなかったのです。時代も今と違いアウトサイドの人間は少数派だったかなと思う。社会人、会社員として慣れてしまうと、型にはまった固定概念から外れる事は考えも及ばなかったと思う。


そういうわけでもしもあの時、勇気を出して一から学び直すつもりで違う職種に就いてたらなぁ…と思う事は今も有ります。実際にワタシは自分本来の意思よりも、人の顔色や、波風の立たない方はどっちか?と考えて選択をした事は多かったと。

途中からでも適職の道へ方向転換してたら仕事運も変わり、当然人生も変わっていただろうな。それを実行しなかったのが返す返すも残念。

スポンサーリンク


自分が選択してきた事の結果が今の自分。恨みっこ無しの自己責任だけど、唯一良かった選択といえば、34,5歳の時に自分のマンションを買った事か。住宅ローンは家賃の支出分で賄えたので支払いはそれほど苦では無かった。

それから40代の途中でアーリーリタイアやセミリタイアという考えと発想の転換が出来た事も良かったなと思う。ワタシの選択も最悪のケースは免れたのかもしれません。
それがせめてものなぐさめか。。。

フォローする

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク