心筋梗塞を起こして倒れた方はヘビースモーカーでした

パート先の50代後半の男性の方なんですが、先日心筋梗塞を起こして病院に担ぎ込まれたそうで、死んでもおかしくなかった状態だったらしいです。

その方はヘビースモーカーでいつも喫煙所でお見かけしていたし、多分毎日かなりの本数を吸っていたのじゃないかなと思います。

もう血液がドロドロっぽい感じがしますよ、なんでも左胸がウウッと締め付けられるように痛くなり、そして更に背中からも押されるような重苦しい痛みも加わってきたのだとか。

そういえば昔、お腹の中の臓器をギューッと鷲掴みされるような、酷い生理痛を経験した事があります。

本当に死にそうなくらい痛かったのですが、後から考えてみて、もしや出産というのはあのような痛みなのかしら?と。

あの痛みを経験して出産するから母は強しなんでしょうね。イヤー万一、またあんな痛みに襲われたらゾッとします。

日本人の死因のうち、3人に1人は血管の病気で亡くなっているのだそうで、心筋梗塞は心臓の筋肉(心筋)に血液を送る動脈が完全にふさがり、心筋に血液が流れなくなった状態。

原因は老化のため血管が硬くなったり、さまざまな物が沈着して血管が狭くなったりして詰まるというわけです。西城秀樹も脳内で血管が詰まる脳血栓でしたものね。


予防として血液をサラサラにするのは当たり前。それよりも先ず、血管を老化させず丈夫にするのがいいそうです。

要するに体を老化させる要因を減らす事が大事。塩分を減らし緑黄色野菜、大豆、青魚などの食品を積極的に取ると血管が強化される。

それと適度な運動をするのも細胞がよい刺激を受けて血流がよくなり、血液がスムーズに流れるので必要なのだということです。

スポンサーリンク
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
SNSフォローボタン






error: Content is protected !!