スポンサーリンク

日本人がワールドカップサッカーなんて知らなかった時代のこと

タイトルはを失念しましたが、ワールドカップサッカーの決勝戦の日に銀行強盗をするというフランス映画を観た事があります。
決勝戦までフランスが勝ち進んで、優勝するか否かでフランス中の人が熱中し、テレビに首づけになるわけです。

強盗団はラジオを聴きながら、銀行の警備員がテレビに見入ってしまう隙をついて、まんまと盗みを成功させる。冒頭がその銀行強盗の場面で、知能犯の強盗リーダーと高級コールガールのカトリーヌ・ドヌーブが、意表を突く方法で警察の手配をかいくぐり、逃走するストーリーは面白かったですね。(調べてみたら夢追いという作品でした)

その映画を観て、「そうかー、ヨーロッパではワールドカップサッカーってそんなに人気があるんだなぁ」と初めて知りました。


その頃はまだまだ日本ではワールドカップなんて普通の人は知らなかった時代だと思います。それがまさか、出場できる日が来るとは思いませんでしたね。


それともう一つ、ワールドカップサッカーにまつわる思い出は、1990年の2月にヨーロッパのツアー旅行に行った時の事。ローマのトレビの泉に行ったらばアラ、噴水の水が抜いてあり、工事しているじゃありませんか。

何でもその年は、1990年イタリアワールドカップサッカー開催の年で、ローマ中の建造物をキレイにするべく掃除したり修理したりしてたのですよ。前代未聞のタイミングでした。


当時ローマ在住だった友人は「怠け者のイタリア人が、夜遅くまで突貫工事してるので驚いちゃったわ」と言ってましたから、ワールドカップの威力は相当なものなんでしょうね。

そういうわけで、折角のイタリア旅行だったのに心残りがあるのですよ。出来れば噴水状態のトレビの泉に又行ってみたいなと思う。ちょっと心の隅でそんな野望を持ってみようかな。。。

フォローする

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
スポンサーリンク

こちらの記事もお勧めです

error: Content is protected !!