スポンサーリンク

もし大津波が来たら非常にマズい立地に住んでます

西日本豪雨の被害映像をのニュースで、家の中から泥をかき出してる作業を観てお気の毒と思うと共に、ゾゾッとしました。泥まみれになった畳、浸水した家電はもう使い物にならないし、粗大ゴミと化した家財を処分するのだってひと苦労だ。

あの泥はバイ菌だらけだから放っておくと悪臭を放つ。以前、内装が水没した車は修理しても臭くて乗れないと聞いたことがあります。

だから泥に浸かった家は、壁も床もすっかり洗浄と殺菌をし、乾燥させてからじゃないと元通り住めないそうです。ウチの母親が、「あんな泥まみれになったらもう無理、死んだ方がマシ」と言ってました。

家が残ったとしても、その復旧作業を考えると、年寄りだったら家を放棄したくなるだろうな。。。こういう時だけは、賃貸住宅に住んでたら気楽でいい。

それにしても、もし自分がこんな目に遭ったら…と想像するとそら恐ろしくなります。ウチは河が背後にあり、万一それが増水したら水害は免れませんね。江戸時代に水害が一度あったそうですが。

大津波が来たら非常にマズい立地なのですが、排水場はたくさん点在してるのと、川沿いには防壁を設置してるので自治体も対策はしてるようだ。滅多な事で水害は無しと思ってますが、実際津波が来て避難しろと言われても、ペットの猫達を家に残し自分だけ避難出来ないと思う。


南極に犬ぞりの樺太犬15頭を置き去りにした、映画の「南極物語」を観たことがあるだろうか?いくら寒さに強い樺太犬といえど、エサを貰っていた犬を置き去りにするなんて… と、可哀想すぎて泣きましたよ。

一応、猫達と2階へ避難するけれど、もう死を覚悟するしかないとワタシは諦めると思います。他に守るべき家族がいたら心境も違うかしら?

でもシングルのワタシは猫が子供みたいなもんだし、それを見捨てることは出来ない。もし天災などが来たらハイ、それまでよ~と。
だから今この時を楽しまないと、やっぱりシングルは刹那的に生きるべきだと思うのです。

フォローする

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
スポンサーリンク

こちらの記事もお勧めです

コメント

  1. サフラン より:
    はじめまして。 少し前からブログを拝見させていただいている者です。 ブログ記事も去ることながら、猫ちゃん達の画像がとても可愛くて・・・。 画像からとっても大切に飼われていることが伝わって来ています。 私も猫が大好きなのですが、住宅事情でペットを飼うことを禁止されているため ユウさんのブログの猫ちゃん達の画像を見て、我慢しようと思っています。
  2. deefe より:
    自分も海抜3mなので、地震が来たらネコをキャリーに入れて背中にしょって自転車で逃げようと思います。 すぐに捕まればいいけど
  3. ユウ より:
    サフランさん初めまして。アラ、素人が気まぐれに映した猫の写真ですが、楽しんで頂けたら嬉しいです。将来猫が飼えるようになったら良いですね。(´・∀・`)ニコッ
  4. ユウ より:
    deefeさん、こんにちは。捕まえてキャリーに入れようとすると、何か察知して逃げられるのが常です。(´;ω;`) といっても災害時は焦ると思うし困った問題ですね。
error: Content is protected !!