スポンサーリンク

連日の暑さは辛いけど、眠気に勝てず汗をびっしょりになって昼寝をする

まだ7月半ばを過ぎただけというのに、この連日の暑さはちょっとマズいんじゃないかと思う。しかし暑い暑いと言いながら早朝パートの日は、帰宅してから昼寝をするワタシ。汗びっしょりかいても眠気には勝てないのです。

暑さ対策としては窓は全部遮光カーテンを閉め、日差しを遮断します。それでもカーテンのない小窓からジリジリと暑い日差しが差し込んで来る。
キッチンの小窓の西日がとてもキツイのです。それで苦肉の策でプチプチの緩衝材を窓ガラスに貼り付けたらアラ、熱量が緩和されました。プチプチは断熱材になりうるのですね。


窓ガラス、プチプチ、網戸となってます。


午前中はたいてい窓全開にして過ごしますが、さすがに午後からエアコンONにする生活です。ワタシはエアコン苦手で、なるべく付けたくないけど猫の身を案じてエアコンを稼働します。

といっても猫はエジプト発祥なので暑さに強い動物だし、低い位置に居るので、人間が感じるよりちょっと涼しいのかもしれません。

そういえば先日ユズが、灼熱のサンルームで昼寝してるのを見てビックリ。気温は40℃越えてるはずです。あの暑さでグースカ寝られるとはなんとも恐ろしい。。。


こうやって灼熱の中、寝てました…


あとはこう暑いと水を使うので水道代が心配になる。風呂や炊事の他、洗濯の回数も増えるし、庭の植物の水やりは朝晩で一日2回だ。

それで節水するアイデアとして、エアコン室外機ホースから出る水を貯めて、植物の水やり用として流用することを思いつきました。ウチはそのホースがちょうどバケツの高さと丁度合ったのです。


エアコンは冷房運転、ドライ運転をすると除湿する為、その除湿した水分が室内機に貯まりホース(ドレンホ―ス)で屋外に排出する仕組みなんだそう。

だいたい1日エアコン付けてるとホースからの水はバケツ1杯溜まりますから、なかなかの節水になります。ドレンホースがバケツに引き込めればお勧めの流用法ですよ。

フォローする

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
スポンサーリンク

こちらの記事もお勧めです

error: Content is protected !!