技術も無いのにインプラント治療をする歯科医がいると知って驚く

前回書いた通りの事情から、ネットで歯科医院を探しています。病院探しと並行し、歯科治療について色々と知識もつきました。
その結果、歯というのは抜くのはもちろん、なるべく削るのも安易にするべきではないということ。

歯医者に、虫歯が深いので神経を取って治療しなくてはいけいと言われ、そうなのかと信用し、任せてしまったことがありませんか?


歯の神経を抜けばそれは死んだ歯になるので、なるべく抜かない方が良いそうです。

昔、若い頃に医者に言われるがまま、数本神経を抜いた歯があります。今になってみれば、もっとしっかり質問するなりして確認するべきでした。
他の歯科医を探したら良かったけれど、働いていたら忙しくて、そうそう病院探しをする暇もないという事情がある。

結局は良い医者に当たるかどうかは運で、予防のため虫歯・歯周病にならないための知識等、ケアが大事。今更このトシでそれが解っても、すでに歯が悪くなってるから後悔先に立たず。。。

これから出来るの事は、せめて大ごとにならぬよう歯のケアを行っていくのみか。



インプラントする前に歯が残せないか良く考える

前回行った歯科医院で3本のインプラントを勧められたけれど、インプラント治療というのは、幅広い知識や、難しい高度な技術が必要だそうです。

でも歯科大ではインプラントの科目はなく、特に勉強しないという。それなのに特別な資格が無くても歯科医師であればやれて、製造メーカーの講習会受けただけで始める医者も居る。これじゃ人体実験になりかねません。

保険診療だけでは経営が成り立たないので、儲かるインプラント治療をやるしかないそうです。
そしてインプラント治療は歯周病になり易い人は向かないし、1分1秒を争って急いでやる治療ではないので、よくよく自分にとって最適かどうか考えた方が良いという事です。



そういえば前回行った歯医者ではブリッジの治療で神経を抜くと言われたし、奥歯は抜くしかない、インプラントは3本入れると言われた。
あの歯科医院はダメダメの儲け主義歯医者だったということだわ。やたらと歯科助手や衛生士、事務などスタッフが多かったっけ。

そういう事で、自宅から通える範囲で良い歯医者探しはまだ続きます。

スポンサーリンク
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
SNSフォローボタン






error: Content is protected !!