スポンサーリンク

孤独と寂しいは違うのですよ

先週、作家の下重暁子さんが爆報フライデーに出演され、下重さん曰く「孤独と寂しいは違うのですよ」と力説されてました。

孤独というとネガティブな意味で使われる事が多いが、それはおかしい。

周りに自分を合わせるくらいなら、一人でいるほうが何倍も愉しく過ごせるし、ひとりで生きていく覚悟がある。本来孤独というのは、そういう成熟した人間だけが到達できる境地のことなのです。


それを聴いてなるほどね~と納得。確かに孤独という言葉にはマイナスのイメージがあって、嫌な感じがしますよね。 そういえば昔、振った男から「君って孤独な人間だよ」と、捨て台詞を吐かれたことがありました。笑

僕を振ってひとりぼっちになって寂しい思いをすればいい気味だ、というマイナスの意味で嫌味を言ったのだと思います。



でもねぇ、かたちの上では2人でも、もう好きでもないし、一緒にいて楽しくも無い。そんな相手でも一人でいるよりいいというの?
いやいや、アンタと別れても孤独じゃないし、次の出会いのチャンスを逃してしまうわ~と思ったので、彼の捨て台詞にフンと鼻を鳴らしてやりました。


世間の多くの人は、おひとりさまは孤独=淋しい、という解釈をして、可哀想ねと憐れむのですが、該当者であるワタシからしたら、勝手に自分の価値観で決めつけられても困るわ。

そもそも可哀想や憐れむは自分より下に見てるんじゃないのかしら?とても不遜だということに気づかない相手にイライラする。

結局はこんな無教養な人間と親しくなる価値無し、と切り捨て留飲を納めたわけです。



ワタシも今まで安易に「孤独」と言い過ぎました。確固たる覚悟を持って生きていなければ、孤独だなどと言ってはイケなくて、それがまだ無い人は「寂しい」と言うべきですね。

ワタシはそれほど寂しがり屋では無いし、みんなと一緒も好きじゃない。しかし確固たる覚悟もまだまだかしらと思う。
下重さんの言う孤独への境地までは、そのうちなし崩し的に達したらいいなと思います。

フォローする

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
スポンサーリンク

こちらの記事もお勧めです

error: Content is protected !!