スポンサーリンク

重いものを持ったりする体力はギリギリ50代までが限界

広い家で収納する場所がありすぎると物を溜めこんでしまう、というのは誰もが「ああその通りね」と賛同してくれると思う。

部屋にある作り付けのクローゼットや押し入れなら仕方ないけど、市販の収納ケースなんか極力買わず、家具もとにかく必要最低限に限ります。

うちの両親は今も生きてるけれど、実家を処分する際の片づけは一切しませんでした。やらなきゃいけないと気付いた時はすでに遅しで、もうそんな体力知力は残っていなかったのです。

それじゃどうするの?というと当然子供であるワタシが、その始末をするしかない。実家の片付けブログ記事は古家の事で書いてますが、全て片付け終えるまでに一年もかかりました。毎月一度、1泊2日で泊りがけで片付けに行っていたのです。




実家は無駄に広くて、家具一式と不用品を溜めこむだけ溜めこんでありました。片付けても片付けても一向に減らない不用品の山に父親への怒りで涙が出ました。。。腹立たしい事に、この状況の責任者は既にボケて、この家の事すら忘れているのです。

いやー、本当にあの当時は、終わらない片付け作業に心が折れ、父親に殺意を持ったものです。

その片づけは2年前に終わり、ワタシが51から52歳にかけての作業でした。重いものを持ったりする体力と、粗大ゴミの手続き、処理方法を考える能力も、ギリギリ50代までがやれる限界だと思いますよ。


この経験を教訓として、自分の荷物の断捨離も50代のうちにスッキリサッパリさせるべきだとつくづく実感しました。60代以降は身の回りのことは出来ても、体力とイレギュラーな事の処理能力は絶対落ちると思います。

と、この記事を書いて、学生時代の卒業アルバムを断捨離する勇気が出ました。重くて邪魔、見返す事なんて無いのに、引っ越しの時も何となく処分するのに気が引けてました。
とにかく家財は少なく、物は持たない、を心掛けます。

フォローする

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
スポンサーリンク

こちらの記事もお勧めです

コメント

  1. ねこ大好き より:
    今晩は。ねこさん達ホントにかわいい(*≧з≦) 今日の記事、私のことですね?なんちゃって。私は何十年も二階が自室で一人になってからもずっと寝室にしてましま。とても明るくて快適で寛げて、愛着もありますが、なにせこの年です。最近階段を何度か踏み外しそうになったり(一度は三段くらい飛び下りることになり柱に足の小指をぶつけ、あまりに腫れ上がったので通院したら軽度ですがヒビがいってました)、階段を上がるのもしんどくなり下の洋室(昔の応接室、今はほとんど物置き部屋)を寝室にしようと思い立ちました。涼しくなってからと思いましたが一旦思い立ったらやらないと気がすまなくなり、猛暑の七月末から一人で、でかいソファーセットを(そのままではドアから出ないので)転がしたりなんだりしながら和室に引きずったり、大昔の壊れたオルガンも(ごみだしが厄介なため置いたまま)引きずり出し、カーテンの付け替え、ベッドの購入と物要りだし、暑いし、するんじゃなかったと後悔しながらの日々でした。がなんとか8月11日に晴れて新しい?寝室に入室できました。頻繁な階段の昇り降りをしなくていいし(風を通すため最低1日二回は昇降しますが)快適です。こんな年でしかも一人でホントにしんどかったです。大好きなタンスも下ろすことは不可能なので2回に置いたままです。記事にあるように、なまじ収納場所(押し入れ)がたくさんあり、かなり処分しましたがそれでもまだ満杯です あ‼️まだ外にヨドコーの物置もあります。それも一杯です。なんとか回りにあまり迷惑をかけないようにしておきたいと思っていますが。耐震も何も施してない築50年のボロ屋、南海トラフじゃなくてもちょっと大きい地震が来たら即ペシャンコ確実です。いっそ処分して県住に応募したいくらいです。 ユウさんのブログを読むのがホントに楽しみです❗️前の記事も折々読ませてもらってますまたもや長々失礼しました
  2. ユウ より:
    思い立ったらやらずにいられないタイプですね、ワタシもですよ。笑 でも大きな家具を処分するのはお金がかかるので悩ましいですよね。 我が家のメンテも頭の痛い所でして、最低限だけにして自分が死ぬまでもてばいいかなと思ってます。
error: Content is protected !!